FC2ブログ
 
 

夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2019/03«2019/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2019/05
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00015207.jpg

日本初のワイン工場
ゆっくりと長い歴史を抱えてひっそりと佇むこの牛久シャトー

桜祭りのときは特別
建物も華やいで・・・

00015208.jpg

例えば生きているときが長いほど捨てがたいものが多くなる

人はなぜ物に執着するのか

モノは自分との関係の中にあり、

その関係性に

過ぎ去った自分がもう一つの極として見えるから。

そのモノが現存することによって、

過去の自分が存在し続けて

そのものの中で

過去の自分と今の自分とが

今の瞬間に同時に関わりあうことで

一つの意味が

独自の意味がうまれてくるから。

でもそのモノの存在をフォトという形で
止揚できる・・・

それが今考えるフォトセラピー





スポンサーサイト
     
たぶん散歩に言葉はいらない・・・・

00014747.jpg


00014742.jpg

小窓全開

00014746.jpg


00014744.jpg

その魂は何を思う・・・・

00014750.jpg

あの光が出口だとしたら・・・・

     
00014740.jpg

ここには優しい空気がある。

00014735.jpg

シンプルな垂直と水平
格子

たてものに惹かれ
たべものに惹かれ

00014736.jpg

あ、駄菓子屋さん・・・

00014737.jpg

こちらも駄菓子屋さん・・・

何となくお腹がすいて

00014738.jpg

飛騨牛だ~!!

結局食べたのは70円のみたらし団子でした・・・

続き+雑感


     
00014719.jpg

板は静かに歴史を語る

使っているのは釘ではなく縄

00014711.jpg

00014721.jpg

縄も美しい

この高い窓

どうやって開けるのかしら

中は2階に分かれているのかしら・・・・

冬は冬の中で暮らし
春は春と共に生きる

00014725.jpg

発展とか進歩とか

形のない理想を声高に叫ぶより

00014717.jpg

誇りを持って受け継いだものを

守っていくほうが

尊い

     
門というのは心にとても深い

門に入る、門を出る

門は空間を区切るものだけれど
心理的には実は時間を区切るもの
意識を区切るもの

そして多面体の心の光る場所が変わる

00014246.jpg

ここは東大の門の一つ、

門といっても実は門ではない

旧前田公爵邸、西洋館の基礎

東大敷地内で発掘したらしい

建物は東京大空襲で消失

00014254.jpg

木漏れ日のなかの旧岩崎邸の門





     
00014253.jpg

本郷から旧岩崎邸へ向う

旧岩崎邸
明治29年竣工
設計ジョサイア・コンドル

完璧に英国ルネッサンス様式

00014252.jpg

完成当時は1,5000坪の敷地に20棟以上の建物があったとか・・

00014251.jpg

明治大正時代の庶民の暮らしを考えると
この岩崎氏の力の大きさに驚くばかり
旧三菱財閥の三代目岩崎久弥が作らせたもの

00014250.jpg

人の一生で必要なお金以上のものを持っているならば
後世に残ることをなすべきで、
その意味では今でも残るこれだけ大きなお屋敷を立てるのも、立派な選択

このお屋敷は地下道でビリアード場へと繋がっているらしい

以下撞球室




     
00014243.jpg

三四郎池から医学部方面へ

00014245.jpg

医学部1号館
昭和6年

吸い込まれるように眺めて
なぜか言葉がでない

たくさんの人を眺めて
怒涛のような流れをただ見守って
建物はいま沈黙

00014244.jpg

建築の流れから見れば
古いわけではないけれど

00014242.jpg

昭和の激動に思いを馳せる





     
00014230.jpg

堂々とした建物
前に見えるのは総合図書館
内田祥三設計
昭和3年

公孫樹の太さに歴史を感じる

この構内は本当にのんびりする
ベビーカーを押した人、犬を連れた人
市民の空間といったら言いすぎだけれど
変な警備がないからとてもいい

00014229.jpg

法学部三号館

00014231.jpg

こちら一号館

コピーサービスの看板がなければ
日本ではないみたい



     
00014183.jpg

はじめてきた芸大

構内に二つの赤レンガの建物がある

でも、門でびっくり・・・構内には入れませんでした

00014184.jpg

あなたはたくさん堪えてきたのね?

そう語りかけたくなるほど
時の流れに痛んだところはそのまま

00014186.jpg


この建物は旧教育博物館書籍閲覧所書籍庫

明治13年建築

00014185.jpg

こちらの建物は長方形の窓と丸い窓

フォトはすべて柵の外、道路からの撮影




     
00014173.jpg

この建物がどんな感じで駅だったのか・・・

00014172.jpg

倉庫のようでもあり、昔の派出所のような・・・

この角の向こう側に
黒田記念館

今は東京文化財研究所

00014176.jpg

光と色が飛び込んでくるのに
建物は静かにそこにある

解放された心は軽い

気づくと早足

もっとのんびり歩けばいいのに・・・

らら!もっと落ち着こうよ!!

00014174.jpg





プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。