夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
IMG_7120.jpg


ちょっと変わったアングルから
旧第五十九銀行の本店
明治37年建設のルネッサンス様式の木造

IMG_7111.jpg


設計は堀江佐吉という人

この人がいたために
この弘前の町は
洋風建築がとても多い

IMG_7117.jpg


こういう建物では
必ずといっていいほど
ららは
裏手に回る

裏にむしろ設計者の意思がみえるから


IMG_7131.jpg

IMG_7130.jpg


この建物の美しさの前に
どうして電柱と電線を設置してしまったか・・・

IMG_7113.jpg


景観は文化の遺産の一つなのに

正式には青森銀行記念館



以下日常の雑感です




りりちゃんの生活の痕跡が一つずつ片付けられて


ドアを開けたときのお出迎えのニャオンという声だけが
まだ鮮明

別れの苦しさを引き受ける強さも一つの愛の証・・・
なあんて。

10月後半一次試験を合格すれば二次試験
遊んで入られない。
とにかく英語の専門タームを無理やり頭に・・・

秋は寂しいけれど、前を見つめなきゃね

スポンサーサイト

コメント

ららさん おはようございます。

天気が今一だったのでしょうか・・・・?。

弘前は方言が可愛いですね。
ひげさんへ
お天気はだんだん怪しくなってきて・・・

台風が近づいていましたから

ゆっくりできたら弘前の方とお話できたんですけれど・・・
方言って聞いてみたかったです。
もう駆け足でしたから(笑)
東北は各地に古い洋館が残されていますよね。
それも、本当に立派な建物が少なくありません。
洋館オタクのベルニナとしては、半月ほど東北洋館巡りツアーというのをやってみたいです。
合間に、温泉で汗を流し、美味しいものを食べてね...(^^♪

木造の洋館、日本ならではの西洋建築なのかもしれませんね。
そういえば、上野の旧岩崎邸も木造でした。
ベルニナさんへ
東北の洋館めぐり・・・
いいですね
海外の有名な建築家が立てたものと違って
どこかが和風であったり、和洋折衷であったり
和製洋館もひとつの日本の文化かもしれません

温泉と洋館の組み合わせ、
とてもナイスです
ぜひぜひ実現してください

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1100-7a33f9ba

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。