夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
いつの間にか雨が降って
朝また少し冬に近づいた

雨上がりの朝は
雑音が洗われて
澄んだ声

IMG_7801.jpg


丸い光がほしかったの
丸い光を見てそう気づいた

IMG_7796.jpg


早々落ちた木の葉は茶色く朽ちて土に還る
鮮やかな黄色、赤い葉に見入っているころ
朽ちていく葉は静かに静かに眠りにつく

IMG_7793.jpg

IMG_7790.jpg


小さなきのこたちの憧れは
大きな大きなお隣のどんぐり君

疲れたというより
磨り減った心で
仕事から帰って

正式に
応募
緩和ケア病棟のボランティア

死に対峙しつつ
体と心の苦痛に襲われる人たちに
何もららはできないけれど
ただ何となくそばにいたい
ただ話を聞いてみたい

・・・・・

また夜、雲は出ていて相変わらずお月様はいないけれど
その分星は澄み切った光を放つ

明日蔵王に・・・行ってきま~す




スポンサーサイト

コメント

携帯から。
ららさんが選んだ道のこと
またここで教えて下さい。
応援したいし
僕も共有してみたい^^
蔵王ですか…。いいなぁ。

何に出会えるか
楽しみですね^^
道雲さんへ
ありがとうございます

道の先にあるのは
感動か
衝撃か
疲れか
喜びか
その全部か

ららはここで心を開いて心を休めます

蔵王いってきま~す(^^)v
その決断は、ららさんですものずいぶんと考えた末のことでしょうね。

私は息子が難病なので(今は元気です)お友達の患者さんたちが次々と亡くなっていくのを何度も見ています。
精神的なお手伝いをと考えた時期もありましたが、あまりに身近な問題でまだ決められていない未来と重ねてしまい、ダメだと今は断念しています。
ららさんの様な方がいてくださるのはいいことだと感じます。
ただ、ほとんどの場合、よほどの強い気持ちでいないと、一緒になって倒れてしまうと思います。
あまり無理をせず、ららさんはららさんの生を見つめつつ、力になってあげてください。

生意気ですが、私の経験上から。。
書き忘れ
だからと言って、すべてが悲しいものではなく、
きっと生きるということがどんなに素晴らしいことか、小さな幸せがどんなに輝いているか、とてもたくさんの贈り物を、知らず知らずのうちにもらっていることもあると思いますよ。


きのことどんぐり、可愛いですね。^^
パイ~ンさんへ
アドヴァイス、ありがとうございました。
おっしゃるとおり、一緒に巻き込まれてしまうかもしれません。
お友達からも一緒に動揺する性格だからむいてないんじゃない?とも言われました
たぶん大当たりです。
でもできるところまでやってみます。

新しい経験は
それが挫折しても新しい見方や、感じ方を
与えてくれるような気がします(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1170-c702ea28

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。