夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
IMG_8019.jpg


海岸で
お日様はどこから?
よくわからない

光をわずかに感じるところにカメラを向ける

でもこれは街灯の光

IMG_8021.jpg


やっと辺りが見えるころ
漁船の軌跡?
露光2分

その向こうにわずかにオレンジ
あれがお日様の光

IMG_8022.jpg


カメラが捉えたのは
柔らかい波の陰影

なぜ今ここにいるのだろう?
ららは確かにベッドで寝ていた

存在がとても不思議に思える瞬間

もう日の出を見ることは無理だけれど、
感動は日の出だけじゃない



以下
日記

今日のフォトの出来を見てjpgやめてrawにしようと
決心・・・
だってひどすぎる、納得いかない。リモコンで取ったのに
ピンとは合わせてからMFで固定したのに
ノイズリダクションしたのに





夜中のドライブ
とにかく真っ暗で大洗町で散々迷って
間違えて入った駐車場が迷路みたいで出られなくなったり

それでも3時半に到着

こんなに暗いとは思わなかった
ライトを持ってくるの忘れた

それから6時ぐらいまで一人で海を見ていたから
帰りは凍えていました
三脚が石と砂の上で安定しないし
風が強いし

苦労のわりに失敗作ばかり

・・・・
新聞に茨城版
つくばブライト物語のことが載っていた

閉店する少し前

思い出深い喫茶店でした

うちの書店ではすぐ売れてしまった
つくばだし、
昔の筑波大生にとっても
なつかしいはず

・・・・
今夜は夜中1時過ぎから放送大の授業
目覚ましかけなくちゃ
今夜は寝ちゃいそう

スポンサーサイト

コメント

ラストは幻想的ですね、雲の中を漂ってる
ような感じですね(^^)
しかし3時半からですか!
お疲れ様でした<(_ _)>
こーちゃんへ
荒波も露光時間を長くすると
雲の上の天国みたいになっちゃうんですね

3時半からというのは
夜中の国道
予定より一時間も早く着いて

こんなに寒いと思いませんでした
悴んで手の感覚なくなるし

ライトを忘れた自分・・すごく後悔しました

ファンタスティック!
こんにちは。グッドですよ!ららさん!
思わずコメント入れました。
鈴鹿芳康氏の写真を思い出しました。
http://www.asahi-net.or.jp/~SA9S-HND/z_suzuka.fol/suzuka-top.fol/suzuka-top.html
ohruriさんへ
わ~嬉しいです
そう言っていただけると

とても幻想的な雰囲気だったのですけれど、
もっとクリアなフォトが撮りたくて

ありがとうございます。また少し、元気でました(^^)
鈴鹿芳康氏のお写真さっそく見て見ます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1182-c38f23e2

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。