夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00010039.jpg

今日はお掃除したり
お洗濯したり
そんなことやっていたけれど
夕方3時40分
空気が澄んでいる
やっぱり行こう

日暮れ間近
筑波山まで車を飛ばして
山道を走った

日の入りも見えたし
何より筑波山から富士山が見えた
ちょうど新宿が間にあってほとんど見えないのに
昨日の台風のお陰でたぶん空気がきれいになったから

00010038.jpg


そして以下
日の入りの写真

00010040.jpg


00010041.jpg


すべて神に捧げられたドラマのよう
その一部をちょっとだけ見ることを
偶然が許してくれた

走ってきてよかった
間に合ってよかった

山道は台風で水が流れていて
川になっている
みなのがわ?

足元が何とか見えるうちに駆け下りないと

素敵なものに出会えるって
とても幸せ


スポンサーサイト

コメント

ゆっくりと沈んでゆく日を眺めて・・・
色々な想いがよぎるね・・
でも、なぜか勇気もわいてきちゃうね。
私は朝日もよく夏は見たけど・・・
朝日は悲しい気持ちになるんだけど
夕日は勇気が出るの・・へんだよね(笑)
向こうに見えるのは富士山かな?
うさぎさんへ
夏の朝日はあまり見たことがないんです。
お日様のほうが早起きで(^^ゞ

朝日はほんの一瞬のドラマで
すぐに余韻がかき消されて現実が始まってしまうけれど、
夕日は沈んだ後の静かな宵闇のなかは
明日の夢がこわれないまま

そんな風に思ってたりします
感じ方ってそれぞれ違って、でもうさぎさんの気持ち分かるような気がします、

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1192-9fa6cd54

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。