夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ある研究会で有楽町まで

00010265.jpg


ここ丸井で
まず入り口の柱
00010266.jpg


建物が厚紙のようで

次に天井の鏡
00010267.jpg


これは天井だけれど・・・何撮ったのかわからないららです

00010272.jpg


望遠の圧縮効果を利用して

00010269.jpg


00010268.jpg


面白いものは撮りたくなるけれど
さすがにすこし恥ずかしく

真面目に会場へ

休みに空中庭園
00010270.jpg

00010271.jpg


凛と咲く薔薇が
お気に入り

00010273.jpg


これが国際フォーラム

いいお天気の一日は
こうして終了

でも

いい経験で
人にも自分にも甘い自分を
すこし反省したり

帰りに献血をしようとしたけれど
50分待ちで断念

帰りは暗くなっていた有楽町

スポンサーサイト

コメント

有楽町で逢いましょう~♪
なんて歌、ららさん知っているかな?^^
国際フォーラムに行かれたのですね。
僕が毎日通っているのは
そこからほんの徒歩1分ってくらいの所。
でもららさんの魔法にかかると
知らない街に変わっちゃいます^^

今度は平日に是非^^
道雲さんへ
歌のそのフレ~ズだけ聞いたことあります

今日行ったのは丸井の隣の交通会館とか何とかいう所の上のほうです。
国際フォーラムはむかし人体の不思議展見に行ったり

でも、JRの駅の入り口は昭和の面影いっぱいですね
平日はここの近くなんですね
じゃ、近くにいったら連絡しま~す(どうやって、という突っ込みはなしで)(^^)
おお!
ららさんは献血をすることがあるんですね。それは素晴らしい!
ボクも若いころはずいぶん積極的に献血してましたが(ほとんど“趣味的”でした)、採血中に気分が悪くなることがあり(徹夜明けとかだったりもして)、それ以来、周りに迷惑かけるかもと思って辞めました。あともう数回で百回になるところでしたが。
献血出来るというのは健康な証拠。人のために役立つというのも素敵なことです。
途中で挫折したボクの分も、頑張って続けてください。
(って、他力本願かよ)
津島さんへ
有楽町の駅前で
「東京都の血液が大変不足しています・・・」
と献血を呼びかけていたもので

ららは200ccでも400ccでもお役に立てばいつでもどうぞというタイプなので。
それで誰かの役に立てれば嬉しいのですけれど

難点は時間がかかること。
こんどは時間のあるときに献血するつもりです
アハハ、僕のブログのメールボックスから連絡下さい 笑
交通会館ではたまに昼食食べに行きますよ!以前そこに都庁があったので 古くからの安い食堂が地下にあったりします^^
是非僕を呼び出して食べに来て くださーい!(^^)
道雲さんへ
メールフォームというものがあったのですね
知らなかった・・・・

交通会館は都庁があったのですか?知らなかったです・・・・
また有楽町に行く機会があったらよろしくです。(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1234-868bce59

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。