夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00010321.jpg


今年つくば市ができて20年

筑波大学は出来てどのくらいだろう・・・

そんなことが 気になるのは
このくらいの 木になるのは
どのくらいかかるのか

ふと考えたから

00010319.jpg


筑波研究学園都市の歴史は
木の太さ(細さ)が語る

00010320.jpg


以下雑感

今大学もどんどん合理化

外部資金を調達できるところが優先されて

需要のあるものが重要みたいに

それじゃ、大学株式会社


最先端の研究は国際競争

それは分かるんだけれど
それだけがすべてじゃない

30歳の木々を見て
思う



スポンサーサイト

コメント

こんばんは
お天気のいい時、大木を見上げると気持がすうっとしますね。
色づいた木々たちは歴史をもかたっています。
こんな所はきっと空気も綺麗ですね。
20年以上前から
僕が居た大学ではそんな感じでした。
ある研究室で
"うぐいす"の生態を研究していた教授が居たけど
何の役に立つのか?と大学から非難されていたのが記憶に新しいです。
国立大学に、国から十分な予算が出ないのが諸悪の根源。企業は、儲かりそうな研究にしかお金出さないもんね。。

真っ直ぐな木々のような
学生さんが増えるといいね。
夕香さんへ
大きな木の下から見あげて
濃い青色に耀く空を見るのがとてもすきです

生きててよかったなんて思います

このとき見上げた木はすこし不思議な色に紅葉していました
道雲さんへ
役に立つもの
数年で成果のでるもの

そんな目先のことばかりしか考えない研究では
当たり前の結果しか生まれないですよね

筑波大の学生、特に女の子は
ほんとに地味な真面目な感じです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1247-242bdebf

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。