夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00010385.jpg


たくさんの建造物の中で
ひときわ耀く日本銀行
このあたりは小樽のウォール街と言われるくらいたくさんの銀行が集まっていた

この中心がこの建物

00010383.jpg


設計したのは
東京駅や日本銀行本店を設計したのと同じ辰野金吾

いつも建物は真横から見ないで下から見る

00010384.jpg


見上げると見えないところのこだわりが見えてくるときもあるし
見えないところの手抜きが見えてくることもある

00010386.jpg


この少し陰になっている天井の装飾にすごく惹かれる

竣工明治45年                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
小樽には親戚がいて、小さい頃から何度か行ったことがあるのですが、悲しいかな「観光」ということをしたことがありません(^^;)
とにかく、坂の多い街だなぁ~くらいの印象しかないです(苦笑)
ゆっくりと行ってみたいです。
ららさんの目には、どんな街に見えました?(^^)
ベルニナさんへ
観光で建てられた建物もある中
むかしの活気を彷彿とする堂々とした建物に
すごく魅力を感じます

小樽の町の日常の生活風景は・・・
ちょっと寂しげでした

曇っていたせいもありますけれど
おはようございます。
実家の町の銀行と同じ建て方です。そっくりです。
でも最近取り壊されました。
もったいない~!
銀行も今日日の様式のモダンな建物になりましたけど、私はこういうのが結構好きだったのに。
今はありません~!
夕香さんへ
あ、そうなんですか?
ご実家の銀行
壊される前に見たかったです
勿体無いですよね
文化的に高い水準の建築物
壊されてしまったものが多いのでしょうね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1260-2fb901da

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。