夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00010445.jpg


また日の暮れた街へ

00010452.jpg


街は小刻みな足取りのように
時を刻む
急ぐ人の無表情
生活をするってそんなもの

00010448.jpg


でも
札幌大通り公園に来たとき
そんなイメージが空に消えてった

イルミネーション
それをみる人のかがやき

00010447.jpg


それが勤め帰りのつかの間の時間でも
一瞬足を止めて見入ってから
ケータイを向けたり

00010446.jpg


00010449.jpg


疲れているはずなのに
また歩き回ってしまう

乗る電車は札幌22時発
それまではたっぷり時間はあるけれど

体力がそろそろ続かない
札幌に夜明け前に着いて
小樽を見て札幌に戻って
夜景を見て

あとはただベンチに座っていた

00010437.jpg


誰かを待っているように

周りで座っている子達は
待ち合わせの相手と一人ずつ立ち去っていく

00010436.jpg


駅の天井
そして眠くなってしまう

スポンサーサイト

コメント

こんばんは!
札幌のホワイト・イルミネーションですね♪
これね、僕はまだ見たことがないんですよ。
(旭川のはもちろん見てるけど...)

ららさんの旅行、かなりハードだったんですね。
時間がない中で、それでも精一杯あちこち北海道の今を見歩いてくれて、とってもうれしいです(^^)
でも、次に行く時は、もう少しゆっくりしてきてくださいね。
そして、ぜひコースなどお気軽に相談してくださいね(^^)
ベルニナさんへ
かなりハードな旅でした。
でもこれで終わりません
これから函館です(笑)

そして始発に大沼にもどって
それから函館山の夜景を見たり・・・

旭川、網走、知床辺り、今度行ってみたいです
さすが、ららさんらしい撮り方、寒い国を感じさせるイルミですね~♪
ららさんは普通の光景を幻想的、寂しさを感じさせるのがとてもうまいです。

しかしすごい旅だ・・・
私だったら疲れ果ててその場で動けなくなりそう・・・
よ~かんさんへ
ありがとうございます
ららワールド全開で(笑)

孤独でさびしげで
そんな写真が好きで

でもじつはのーてんきで無鉄砲のららですが

リュックで歩くべきでした・・それだけはちょっと後悔

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1274-3e4d8e41

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。