夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00010526.jpg


冬の夜の函館山は
今度の旅の中で一番寒かった

それでも時間の許される限り外に

目に焼き付けておきたい風景が広がる

以下夜景フォト5枚
18mmでも全体が一つに収まらないので
いろいろな方向で

00010524.jpg


00010521.jpg


00010522.jpg


00010523.jpg


00010525.jpg


00010527.jpg


目の前に広がるその灯りはここからはるかかなたまで続く

たくさんのものの一つであり続けて

それでもららはたくさんのものの中に溶けることはできない

求めるような人間関係を
自分の中でいったん切り捨てて

流離うように歩き続けて

ここに立つ

人の心を受け入れる
人の心を求めない
ただ光に向って歩いていく

そんな生き方
できるのかもしれない

もっと優しいもっと穏やかにあたたかい
人と人の心の繋がりのなかで

旅の最後にそう思えた

この夜、夜中3時に函館を後にして
また鈍行列車でつくばまで帰る





スポンサーサイト

コメント

懐かしい光景です。
やっぱりきれいな夜景ですよね♪
港に停泊している船は、もしかして青函連絡船でしょうか?
青森港と同じように、一隻だけ係留・保存されていると聞きました。
(たしか、摩周丸じゃなかったかな?)

夏に来ると、沖合にはイカ釣り漁船の漁り火がズラリと並んで、
夜景をいっそうきれいにしてくれるんですよ(^^)
ベルニナさんへ
函館山を降りたあと、摩周丸を撮りに行きました。
夜で真っ暗ななかでライトアップされていて
とてもすてきでした。

もちろん写真撮ったのですけれど、強い風で三脚していたのにぶれてしまって、・・・

漁り火の光もとってみたいです。夏ですね。
たったあれだけの時間に
これだけの旅をしたららさん。
すごいなあ~^^
充実した旅だったろうなって思います。

人の心はいっぱい求めてください^^
僕もそうだけど
一人旅の最後に思うのは
いつも僕が欲しがっているのは
結局人の心なんだなあと^^
どんな心でもいいわけではないけれど
強く求めてはじめて暖かい繋がりができるのかなって思います^^

毎日の人生こそ最大の冒険、ですもん^^
道雲さんへ
往復で48時間電車の中にいました

電車で走ると、日常の距離感で
北海道は遠いんだな~と改めて思いました。

ららは求めることにかなり臆病です
求めていいのかな~
求めたら逃げていってしまうような
求めたら人の負担になるような

でもやっぱり心の温かさと信頼が好きなんです。

岩手で逢ったおばあさんが
別れるとき
「またあいましょう」
と言ってくれました
その言葉すごく嬉しかったです
人が向き合った時の
温かさや信頼って
心地いい負担なんじゃないかと思います^^
心にのっかかって来る重さが
心地よければそれでいいのかなって。
臆病になる必要なんてありませんよ~^^
道雲さんへ
人という字は
互いに支えあって
互いに互いの重さを感じあって
心地良さそうにのびのびしている

そんな人と人の関係ってステキですよね
ちょっとだけ勇気をもてば
一歩が出るのかもしれないです。
ありがとうございます!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1289-cf71e6e2

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。