夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
車窓はオレンジ色の車内の空気を写す

鉄道のリズムのある音が
頭の芯までしみこんで揺れる

そして意識と無意識の狭間で

薄く目を開けたりまた閉じたり

外の深い青の明けるのを
意識はかすかに待っていた

函館を午前3時に出たハマナスは
5時35分青森に・・・
まだ夜のように暗くて寒い
津軽海峡線とはおわかれ

駅の化粧室でとにかくコンタクトをつけて
やっと目が見えるようになる
 
次は東北本線
青森発6時10分
八戸まで・・・

空は灰色、この東北本線のこのあたりで灰色の夜明け

間もなく雪
2時間程度で乗り換えるために睡眠は取れそうで取れない。
もう寝ることは諦める。

八戸に8時16分着

八戸のホームは雪
雪国の人には日常の光景でも
ららには驚きの連続

八戸駅で

00010538.jpg


00010539.jpg


今度は青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道
これは同じ電車だけれど八戸から目時までは青い森鉄道
目時から盛岡まではIGRいわて銀河鉄道という名前

00010540.jpg


夢のなる名前
ワンマンカーでバスのように中でお金を払う

ここでは学生の通勤時間
学生たちの話しに思わず笑ってしまったり

00010541.jpg


ワンマンカーのいいところは一番前の窓から写真が取れること

00010542.jpg


すぐに単線の雪の世界

00010543.jpg


モノクロ写真ではないのに
墨絵の世界

00010545.jpg


雪を見てるとどんどん音が消えてしまう感覚
今、そのときの電車の音を思い出せない

情熱はマグマのように心の中にしっかり閉じ込められて
冷たい雪はふりつづく

盛岡に着くのは10時54分

その間
ただ白い雪を見ていた

つくばはまだ遠い










スポンサーサイト

コメント

青森へ帰ってきたのですね。
さぞ疲れたでしょう。
のんびりしてね...と言いたいところですが、そうもいかず(^^;)
ららさん、元気だなぁ...

以前は、常磐線まわりのブルートレインもあったんですよ。
夜中に青森を出て、上野には朝の6時くらい(だったかな?)に到着です。
(修学旅行ではそれに乗って東京まで来ました。その後、すぐに新幹線に乗り換えて京都へ)

青森駅は雪の中...ですね(^^;)

久しぶりのまとめ大量コメント、失礼いたしました~。
ベルニナさんへ
青森からつくばまで
それも遠かったです。
ゆきがみぞれになってあめになってそれがやんでいて。
南に向っていることを実感できる電車の中

盛岡より南はただでんしゃにのっているだけでしたけれど
岩手の閉ざされた雰囲気はとてもよかったです。

大量コメントありがとうございました。(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1290-7f43acfe

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。