夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00010619.jpg


ここは、イタリアのクリスマス

00010617.jpg


聖夜のひかり

00010609.jpg


日本の商業主義のクリスマスとは
全く違った
静かな聖夜の心がある

00010601.jpg


歴史は心を包みこんで

また明日へ

00010611.jpg
スポンサーサイト

コメント

こういったモノを撮らしたら、本当にららさんの独壇場って感じですね~♪
どうしたらこのような空気感が出せるのか・・・すごいです。
四枚目の雰囲気がメチャクチャ素敵♪
ららさん、こういう光の写真キレイですよね。
温度が伝わって来ます^^
最初にららさんの写真にビックリしたのも
ろうそくの灯りに照らされた彫刻だったかも^^
海外に居た時みんな言ってました。
Xマスは家で過ごすものだって。
家の中で聖夜を演出する手法は
本場の文化にはやっぱり敵いませんね(^^)
よ~かんさんへ
ありがとうございます
綺麗に撮りたくて三脚持参で行ったら
三脚はだめで、
だからかなり手ぶれのボツ写真ばかりで><

横浜っていいですね~~。

で、MerryX'mas~~♪
道雲さんへ
ありがとうございます。
家の中での聖夜の演出
日本は商業主導型というか・・・
やはり、伝統の違いでしょうか・・・

今日はいつもより少し遅くまで仕事です。

で、Merry X'mas~~♪



おじゃまします。
綺麗な写真。心が洗われますね!
お邪魔致しました。
くま8さんへ
くま8さん、Merry X'mas

聖夜は神聖な祈りを捧げるのが
一番・・・かな・・

ららは今日は仕事から帰ってからキャンドルナイトのクリスマスです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1296-7a430d4a

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。