夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00010812.jpg


こことあそこを隔てるもの

今と過去から切り離すもの

今と未来の断絶

そして私とあなたの距離

00010810.jpg


その間にあるものは

じっとしている霞

音を抱きしめている霞

00010808.jpg


歩いていく先にあるのは
弧山

西湖でただ一つ自然に出来た島

歩きながら自分もいつの間にか
霞に包まれて
現実からも夢からも切り離されている


他の島はみな舟でしか行けない

00010813.jpg


湖畔でまどろむ舟

沖に浮かぶ舟

以下日記

久しぶりに遅くまで仕事

帰りの車のラジオで異邦人の冒頭の解説

光、太陽、意識、刃物

一つ一つが焼ける感覚の中で

カミュの文章は深い・・・

真冬にわれながら変な感覚

そろそろ単位認定試験の勉強・・・

00010757.jpg
スポンサーサイト

コメント

欄干がちょっと心もとないけど
石造りのカッコイイ橋。
こういう力強い建造物って好きだなあ。
天辺の欄干に僕も腰掛けてみたいです。

遅くまでお疲れ様!
そろそろ期末だものね。
ファイトです、ららさん^^
一枚目!
きれいな写真だなあ。
映画のワンシーンみたいだなあ。
中国って、混沌とか猥雑とかのイメージがあるのだけど、しっかりと“美”もあるのだね。
どうしようかなあ、ボクもマイル使って上海あたりまで行ってみようかなあ(^^;

いい旅でしたね、ららさん。
道雲さんへ
危険だから・・・
という感覚はないみたいに、
欄干もとても低いです。

下を通れるのは
小さな舟だけ

きっとずっと昔に作ったものなんでしょうね

ありがとうございます。
ファイトでがんばります!!
津島さんへ
中国の昔の皇帝は
美しさを追求することに膨大なエネルギーを注いだのでしょうね。

現代の混沌のなかに
悠然と昔の美が存在し続ける
そんな感じです。

ここから特急で2時間で上海です
三枚目の写真にある金色の瓦の建物。
これを見ると、ちょっと香港的なものを感じました(笑)
僕は中国本土は行ったことがなく、台湾と香港だけしか知りません。
西湖の湖畔を散策するだけでも、いろんな風景に出会えるのでしょうね。
いいなぁ~。
ベルニナさんへ
これが初めての海外だったので、
香港がどんな感じか・・・イマイチ・・・(^^)

でも他の建物の中でこれだけ少し異色な感じでした
香港もそうですけれどたくさんの文化が混ざり合っているから
建物もいろいろです、ほんとに。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1326-9bad06b4

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。