夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00010859.jpg


中国人は声の大きい人が多い
でもみんな
この瞬間は静かだった

一人一人が目にこの赤さを焼き付けて
心の故郷の波長と共鳴するような
そんな色彩

00010861.jpg


まるで
夕日のシルエットになるのを望んでいるような
東屋

00010865.jpg


ゆっくり歩きながら夕日を見る

建物といっても下は何もない
ただ美しさに憧れて
自然を自然以上に華麗な舞台にのせてしまう

スポンサーサイト

コメント

中国に居たこともなければ行った事も無い私ですが
夕日の美しさ、静けさなんてのは全国共通なのでしょうか…?

シルエットがすごく格好良いです☆
lunnyちゃんへ
夕日の美しさは万国共通
そうして
夕日を前に感動する心も
世界みんな同じ
言葉は通じなくてもみんなおなじ
そんな気がします。
ありがとう!!
シルエットの美しさを考えて建築の設計をする、ということ、そこに、その土地の文化や価値観が表れているようで、面白いですね。
中国の建築は、同じシルエットでも自己主張がハッキリしているような気がしました。
ベルニナさんへ
自己主張がはっきりしているのは
中国人の国民性かもしれないですね。

あれだけの広大な土地と人口と・・・
自己主張しないとすぐ埋もれてしまう環境のなかで生きているのですから・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1336-94b138c9

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。