夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00011004.jpg


水面で陽の光が原子に還る

自然の風につつまれて
寒さに捉えられて

同じ大気に生きる鳥を見ているのが好き

こんな美しい瞬間に
誰一人いない

人の生きる空間はとても小さい
カラスは向こうの林の上をとびまわる

いつからだろう、カラスが嫌われるようになったのは


中野の母の実家には大きな柿の樹が2本
今年もたくさんの実をつけて、
熟してすべて落ちて
カラスがみんな食べていく

カラスの落し物と
実の汁が土に吸い込まれてまた養分になる
カラスはよごさない

カラスは思っている。
「僕たちが残したものは、犬君たちが食べてくれる
誰も食べられないものをすてるやつは人間か・・・
人間は何であんなに地球を汚すのだろう」

ごみ置き場の上の木の枝でカラスは一人考えて

ため息をつきながら今日も
ビニールを引きちぎる

スポンサーサイト

コメント

そうだよね・・・・自然の法則に逆らってるのは人間だもんね・・・。
京卯子さんへ
一つの側からしか考えないと
悲しかったりいらいらしたし

そんなとき反対側から考えてみるの

そうすると、けっこう発見があって、心落ち着くしね。
はじめまして!
こんにちは。
この写真にとても惹かれました。
なんでかな?
ぶーすかさんへ
はじめまして!
ただの光ですけれど
不思議とららも惹かれるんです

光の欠片
集めるとおひさまになりそうで
記憶の欠片
集めると眩しい夢になりそうで

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1368-b462bc37

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。