夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00011844.jpg


向こうに落ちているのが雌滝らしい
らしいというのは、滝ってことが信じられないくらい小さいから

ここからゆっくり沢づたいにあるく

00011843.jpg


自然の流れは曲線

等速直線運動なんてありえない

00011847.jpg


柔らかな水の軌跡が描く雲は
柔らかな軌跡の奇跡

00011859.jpg


走り去るものたちと
求めてくるものたち

変わらないようで
何一つ同じものはなくて

それは

人の死が世界を変えないのと同じ

たくさんの情報の洪水の流れと
遠くに消えていく記憶の数々

今と同じ今はめぐってこないけれど、
限りなく繰り返される今がある

  行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
  よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しく .....

そんな気がする

  せおはやみ いはにせかるる たきがはの
   われてもすゑに あはむとぞおもふ

本当に逢えたのかな~想っているだけではだめ
すきだったらなんとしても逢わなくちゃ

 由良のとをわたる舟人かぢをたえ
 行方もしらぬ恋の道かな



スポンサーサイト

コメント

雄滝・雌滝
OH!
新緑には少し早いかな?
私の、お気に入りフィールドの一つですが
いかがでしたか?
あまり人が入ってこないので
逆に人がいるとビックリするような所ですが
逆に、ゆっくり撮影出来るので何となく気に入っています。

それにしても、県内のカバー範囲が広いですね~。
ビックリ!
見習わないと...。
風流ですね
古代の人も 今に生きる者も
同じ風景を眺め
同じ感慨に浸る。なんとも 壮大。

川の流れは、意図しようとも そうでなくとも
下へ下へと流れていく。

上流での勢いも 下流の流れも 流れているものは
同じ。

今、大きな大海を目指して
一目散に 駆け抜ける。
小口写真事務所さんへ
すごく素敵なところでした(^^)
つくばに住んでいると距離的に水戸あたりと奥久慈とはあまり変わらない感覚・・・と思いきや
遠かったです。
でもその分自然を満喫できました
お休みの日だったのに、誰もいない自然の中
とてもリッチな気分でした。
chocolaさんへ
自然の中に一人でいると
平安の人の感覚や
昔と変わらない岩や樹の世界に浸ることが出来ます
渓流も何百年も前の雨がゆっくり地中を通って流れ出したもの・・・壮大ですね、自然って。
壮大な渓谷の威厳に畏敬を感じました。!撮影者の、気持ち次第でこんなに表現できるのかと感激しました。!
荒野鷹虎さんへ
自然は人の力の及ばない壮大な理法で
ながい年月をかけて均衡を築いてきたのですよね

人がたくさんいたら何も感じずに過ぎていたかもしれませんけれど
誰もいなかったというのは運がよかったのかもしれません

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1541-a9e61400

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。