夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00011961.jpg


レンゲ畑
こんな近くにあるなんて・・・
新聞記事を頼りに行って見ました

00011957.jpg


高エネルギー物理学研究所の近く

陽子と中性子が加速機トリスタンの中で飛んでいるすぐ近くで
レンゲが筑波山を眺めながら風に吹かれている

00011954.jpg


あいにくの小雨模様

筑波山は霞んで空は灰色

00011955.jpg


暖かくなれば蜂さんもチョウチョさんも飛んでくる
暖かい日がきっと来る

00011960.jpg


向こうは田植えを終えた田んぼ

ここ
青空と筑波山をバックに
撮りたかったのに・・・

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさんへ
まず、ゆっくり疲れを取ってくださいね

こちらこそお友達になってくれて、ありがとう!!
見つけましたね♪
れんげ畑ありましたね。
しかもかなり大きなれんげ畑ですね。
蜂たちは蜜源が少なくなってきたので、最近では国産のれんげ蜜はあまり採れないんだそうです。
ららさんがこんなに素敵なれんげを撮ってくれたから
嬉しいです。
こんにちは
今れんげ畑がすくなくなり、そあたりではほとんどありません。あったとしても小さい畑です。
れんげは懐かしい花です。
昔はれんげがお友達でした~♪
葉月さんへ
小雨振る中いってきました

レンゲ畑ってとっても素敵
遠くの筑波山も撮りたかったけれど、
どんよりの雲の中でした

それほど遠くないところでした。
近所でも、わりと知らないいいところがあるんですね
なんか嬉しくなりました
夕香さんへ
ららもレンゲとお友達になりました♪

もう一つの夢はレンゲの花で冠を編むこと
これ、一度もしたことないんです。

それから首飾りとそれからルルの首飾りを編みたい
・・・
でも今さら恥ずかしい・・・やっぱり夢かしら?
こんばんはー(^^)/
わー!いいですね~♪
こういうところ、行ってみたいです。。
筑波山が見られなかったのは残念だけど、霞がかかったような花畑もまた良いものです(^^)
どもども!
お久でーす、これって、北条大池手前の直線の所ですよねぇ
僕も、気になってたんですが...
転作で、植え付けられたレンゲですよね~
今も、咲いてますかね~?
ご存知かも知れませんが、黄金色に色づく頃
ここで、案山子祭り有るんですよ~
http://blogs.yahoo.co.jp/we_are_the_mods/18599597.html
ベルニナさんへ
新聞で紹介されたところだったので
小雨でも見に来る人がいました

長閑です♪
くっきりした筑波山とあおぞらがはいけいにあれば・・・
晴れたらまたいってみます
PINK☆ROCKER さんへ
おひさです(^^)

そう、大当たりです。あのまっすぐな道路のところ
ちゃんと車を寄せるところがあってゆっくり取れました

お祭りのときも行って見たいです
おコメが金色に実ったときも綺麗ですね

たぶん同じところのフォトですね(^^)v

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1561-d67156a1

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。