夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012019.jpg


また逢えたね
青空

そして
この不思議な形
この植物
きっと宇宙を考えてる・・・

00012018.jpg


すぐお隣にはマツバウンラン
だいぶ背が高くなって

でもまだまだ伸びる

風に合わせて踊りながら

00012020.jpg


00012021.jpg


たぶんタツナミソウ

今年も元気に咲いてくれた



ここは穏やかなのに

同じ地球上で

苦しみや悲しみが溢れてるところがある

地球のエネルギーの怖さ

祈ることしかできない

これから出勤
失敗しないように
頭痛におそわれませんように

やさしさにふれられますように

00012017.jpg




スポンサーサイト

コメント

ららさん、おはようございます(^・^)
一枚目の写真を見たときに、ギョッ…なんだろう?
なんて、思ってしまいました(~_~;)
ハブみたいな、なんとも不思議な姿…
マツバウンラン、可愛いですね。
そして、タツナミソウは、なんて愛らしいお花。
私の好みです。最後の色合いの素敵な花びらを
見ると、心に静けさをいただけました(#^.^#)
ノロタンさんへ
空き地ではじめてこの草をみたときはびっくりしました。変わった形ですよね
タツナミソウは本当に波が押し寄せるときの瞬間の形みたいでとても可愛いです

最後のお花はクレマチス
普通前から撮るけれど、後姿を撮ってみました
後姿は和のイメージですよね
世の中には なんと知らない花のおおいことか・・・
ららさん。今日も 新しい出会いを運んでくれてありがとう。
こんばんは。
小さな花達、皆可愛いですね~!
私も小さな花達が大好きなんです^^
5枚目は何のお花かな、と思いましたら、
クレマチスだったのですね。
撮り方で違った印象になるものですね*^^*
chocolaさんへ
今空き地や野原で
いろいろなお花が咲いていますよね。
カメラを持って歩くと不思議といつもと違ったところを見てるんです
こちらこそ、ありがとう(^^)

Fooyさんへ
同じお花でも
見る方向を違えるととてもおもしろいの。

花びらって光を通すし、柔らかな感じがとても好き

たまに小さなお花やタンポポの綿毛を撮るために
原っぱに腹ばい・・・ちょっとはずかしいけれど
こんばんはー。
出稼ぎから帰ってきました(^^ゞ

お!これはあの宇宙人たちですね!(^^♪
今年も元気に地球侵略の合図を仲間たちに送っているのかな?(笑)

具合、どうですか?
頭痛は辛いですよね。。。
どうかお大事にね!
ベルニナさんへ
おかえりなさい
お疲れ様でした

覚えていてくださってありがとうございます
あの宇宙人たちです。

去年より数がだんだん増えてきました。

今はすっかり治りました。(^^)
風邪と言う感じでもなく、原因不明の頭痛でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1572-9111a56c

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。