夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012116.jpg


タンポポより背が高くて

茎が細くて長い

風に踊って
しなやかに揺れる

飾らない美しさはすがすがしい

自分を飾ることより

しなやかなありのままのこころ
溢れる笑顔
そんな美しさを感じたいね

00012117.jpg


どこでも咲いているヒルザキツキミソウ

もう夏だよ、そんな声が
聞こえてくる

・・・・
空にツバメが飛んでいて
巣に小さな赤ちゃん5羽

みんなお顔がくち

この赤ちゃんの写真
撮りにいこ~っと!!






カメラを持って
ツバメの赤ちゃんのところに♪

・・・と
飛び去ったのはツバメのお母さんではなくて
カラスだった

まさか!!

巣は壊されていて
昨日まで元気だったツバメの赤ちゃんがいない

これが生きるたたかい?

ショックだった


スポンサーサイト

コメント

こればっかりは・・・・だから燕は人家に巣をつくるのですが・・・・。
こんばんは。
それはショックな出来事でしたね。
私の家のご近所の家にも毎年ツバメが来ます。
それを私も楽しみに見ているのですが、
こういった事も有り得るわけですね。
無事育って欲しいなと思いました。
ひげさんへ
マンションの一階の駐車場の奥。
元気な赤ちゃんの声をカラスが聞きつけたんですね。
カラスの卵を狙う鳥もいるし・・・これが自然というものですね。
人間だって命を食べているのだし・・・
でもショックでした
Fooyさんへ
自然の中で生きるのは厳しいことですよね
カラスが悪者ではないのですけれど・・

納得しようとおもっても、今日は一日沈んでいました。

自然の中では個々の命より生命として続く長い連鎖が大切なんですね。
だから人間だけがことさら、人の命の尊厳を謳っているのかも・・・

こんにちは
ひるさきつきみそうの季節ですね。
ふわりと咲くやさしいはなびらは、ららさんのようです。
土手に咲く月見草も私が見る時はかれていますが。夜はきっと美しくさいているのでしょうね。
夕香さんへ
優しいピンクですよね。
きっと夕香さんもヒルザキツキミソウ

同じ風に同じように
揺れているような
気がします

月を見るツキミソウも写真にとって見たいです
ん~...それはたしかにショック!
でもね、カラスの卵や赤ちゃんだって、やっぱり他の鳥に狙われるらしいし。
命は、それを他の命へと連鎖していく他に保つ方法がないのですよね。
今生きていること、そのありがたみを学ぶこととしましょう。
ベルニナさんへ
命は、それを他の命へと連鎖していく他に保つ方法がない・・・

そうですね、この自然の宿命を忘れてはいけないですね・・・
特に他の命の糧とならない人間は・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1593-e2324761

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。