夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
キリバン踏んだらコメントくださいね~~


湯船にカメラを持ち込んでキャンドルを撮影

00012134.jpg


あとは、あっという間に湯気でレンズが曇って
しまいました

00012135.jpg


キャンドルの炎揺らめき 白湯気に
薄紅色の肌とけて漂う

前に詠んだ思い付きの歌に合うようなフォトを・・・

むずかしい・・・
レンズが曇ると光が上手く撮れない




つばめさんひな5羽一生懸命育てたのに
カラスに食べられてしまって、
襲われて壊れた巣が虚しく悲しい昨日だった

でも、今日、また2羽のツバメがその近くに巣を作り始めた
子どもを失ったばかりのつばめさんたち

運命をうらんだり、悲しんだり、後悔したり
そんなことに時を使わない

見つめているのは未来

その気高さに
元気もらったよ

明日に向って飛翔

今日も魔法のおまじない(^^)

あなたにはわたしがいる
わたしにはあなたがいる

明日へ

スポンサーサイト

コメント

きりばん。
今回のキリバンは55555ですか?
私、今までにもいくつかのブログでキリバンとりまくりなんですよ。
今回も、狙ってみますね。v-221
葉月さんへ
わ、うれしい!!タイミングは野生の勘で(笑)
よろしく~~(^O^)/

5という数字はとても好き
だって、レジのお釣りのときすごく楽だから
(かなり現実的だけどね)
あのぉ~...

「55555」のゾロ目、ゲットしてしまいました...(^^ゞ
ワタクシごときが、本当にスミマセンですm(_ _)m

記念と言ってはなんですが、「5」が並んでいる画面をキャプチャーしてみました(笑)
明日にでも、うちの掲示板にアップしてみたいと思っておりますデスv-435

明日は、今日よりも良い日でありますように!(^^)
どうぞ良い週末を!
すごいですね、一枚目の写真・・・
とても幻想的。色合いも写り方も・・・
でも湯船にカメラを持ち込むなんて、なんて怖ろしい(笑)
後の手入れとかはきちんとしないと湿気でカメラもレンズちょと怖いですよ。
ベルニナさんへ
ゾロメゲットおめでとうございます
5万のときもベルニナさんがゲットでしたよね(^^)
こちらこそ光栄です

掲示板楽しみにしています

占い師ではないららの占いによりますと
ベルニナさんには最高の幸せが訪れます、はい。
よ~かんさんへ
はい、恐ろしいことをしてしまいました(笑)

でも曇ってくるとAFが効かなくなって
全然だめでした
それよりカメラやレンズ・・・悲鳴を上げていたかも
かわいそうなことを楽しんでしまった(^^ゞ
さすが・・・凄い。
幻想的ですね。キャンドルの明かりが一杯に広がって。美しい。
こういう写真は撮っているときはどう撮れるか
全然分かりません
でもキャンドルだけの光では炎にしかピントが合わないのでどうしても露出アンダーになってしまうので
これは明かりをつけて、それでキャンドルをつけました
でもあまりやると、カメラが傷んでしまいますよね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1598-3a53316c

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。