夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012414.jpg


独り沈む夕日をみたくて
やってきた牛久沼

もう5時はとうに過ぎているのに日は高い

00012413.jpg


去年のままの穂

待っている時間はほとんどお日様に背を向けて草花と空を見る
背中に太陽の陽射を感じる
暑くて眩しい

時を待って
カメラも思い切り絞って

00012415.jpg


上の雲もすぐ消えて

ああ、もうすぐ沈む

00012416.jpg


雲も鳥たちもじっと

お日様にさようならを言う
今日も終わり
これで過去の1ページになって

また新しい朝が生まれる
新しい心で
また明日



帰りは7時過ぎ・・・
夕暮れは早い
夕闇はせまる




午後空がどんどん綺麗になる

夕暮れを最近見たことがない
見るけれど、家の間の空
見たいのは大きな夕焼け

夕方牛久沼まで車を飛ばす・・・

空を眺めると
ららの持っているものがあまりにちっぽけ
守りたいものは
ない
投げやりな気持ちでそう思い続けた

でもそれじゃ、まっさらな白紙になれない

ほめられたい
認められたい
可愛がられたい
愛されたい
そんなされたい気持ちに
いつの間にかとらわれている

もっとゼロになりたい。
心の底から湧き出る思い
それだけを大切にして



スポンサーサイト

コメント

綺麗ですね
落ちていく寸前の太陽が丸くなって、地面に近づくにつれゆがんで溶けていく。梅雨の合間に綺麗に晴れた空は気持ちがいいですね。F32と思い切って絞っているのも良いのでしょうね。最後の写真の透明度が感じられる綺麗な感じ・・・

きっとなりたいものに、やりたいようにできますよ。~したい、~になりたい、そう思う気持ちがあるのなら。
素直な気持ち
夕暮れの時間帯・・・晩御飯の準備などなど・・・そういった現実的なものに振り回されてしまっておりますので、ららさんのこの素敵な夕暮れの情景写真v-212に癒されましたv-238

誰かに認めてもらいたいとか、褒められたいとか・・・ららさんのそんな素直な気持ちより・・・「今のこの夕暮れの情景を写したい。」・・・そちらの気持ちのほうが勝っているように感じましたv-9
だって、本当に素敵なお写真なんですもの・・・。

ららさん、素敵な癒しの時間(ひととき)をありがとうございましたv-290
MKさんへ
そう、沈む寸前の太陽は少しゆがんで融けていく感じ
これが素敵なんです。
海と空の境界線はいつも曖昧で

太陽の融けた向こうにきっと永遠がある

なりたい自分になれるといい・・・MKさんも
もう戻られたんですか?
雪国もやしさんへ
冬の夕暮れは時間的にもゆとりありますけれど
夏はやはり忙しいです

だからたぶん旅先以外でこんなにゆっくり沈む夕日を見たのははじめてかな~
立派なカメラを持ったカメラ初心者というお爺さんが数人いました。

忙しい日でもほんのちょっとの時間でも癒しは必要
ららの写真が心の飛翔のお役に立てたとしたら
とてもうれしいです
こんにちわ
素敵な牛久沼の姿を見せていただき
感動しています

止むことのない自然の営み
その一瞬を捉えたまさに「作品」ですね

ちなみに
わたしにはいろんな意味で、3枚目までが限界です。
tettyan さんへ
3枚目と4枚目はなぜか太陽の大きさは同じに見えますが
向こうの森の形状を見れが分かるとおり
4枚目は90mmを更にかなりトリミングしました
だから赤い部分だけのアップです

ここで鳥が飛んでくれればよかったのですが
そう上手い具合にはいかなかったです(^^ゞ
相手が自然だから・・・
やはり難しいですね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1662-f5830589

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。