夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012410.jpg


みんな赤い帽子をかぶってきちんと正座

みんな違う、背の低い丸顔の人
背の高さだけじゃなくて、座っている台の高さも違う

00012409.jpg


梵鐘
静寂
ここから響く音はどんなだろう・・・



木漏れ日は
きらめきと影との戯れ

地面に落ちるその丸い光の動き

葉っぱたちの中に出来る隙間は丸くないのに
その光はみんな○

お日様が丸いからね

音の世界は
影がない

さえぎっても回り込んで
世界を包む

鐘の音は

無意識の世界にも入り込んで
広がる

・・・・・・

00012403.jpg


苔の花
花っていうのかしら・・・

たとえはハコベのような小さい花でも
花には幾何学的な美しさがある

なのに
このコケのはな・・・
このアバウトな形がとても面白い

粘土で作ったみたい





スポンサーサイト

コメント

小さきものへ(*^^*)
ららさん、おはようございます。

腰の曲がったお年寄りの方も、小さな子供達でも、みんながお参りできるように台の高さが違うのでしょうか?
お顔の表情も違うなんて・・・なんだか面白いですね。
その時々の自分の気持ち次第で、立ち止まる石像さんの場所も違ってきそうですv-344
まだ赤い毛糸のお帽子をかぶってらっしゃらない石像さんもいらっしゃいますね。
きっと、今頃、老眼鏡をかけて、せっせせっせと編んでらっしゃる方がいらっしゃるのでは・・・と、勝手に想像しております。

足元にも気配りを忘れない・・・ららさんの心のゆとり・・・雪国もやしも真似したいなぁ・・・と思いました。
日々の生活におわれてしまい、ついつい足元で生きている植物や小動物の存在自体・・・忘れかけておりました。

ららさんに感謝・・・v-290

(追伸)
 静寂の中に、どっぷりつかってしまいました。
 雪国もやし・・・持病の関節リウマチがございますので、このようにいろいろな場所へ連れて行っていただけると、とても嬉しいです。
 ららさん、どうもありがとうございますv-238
 このv-52度目の送信です。
 なんですか・・・fc2のほうの不具合でしょうか?
 途中で消えてしまうようで・・・。
 今度は、ららさんの元へちゃんと届くかしら? 
 v-254
 
雪国もやしさんへ
2度も送信してくださって、ありがとうございます
こちらには、一つだけ届きましたから、
あと一通は、きっとこの石像さんのところだと思います

あの赤い毛の帽子
可愛いし、
編んだ人の心が伝わってきて温かいです(笑)
でも、今日あたりはちょっと暑いかも・・・

心がしぼむとしたばかり向いて歩いたり、(そうすると電柱とか、樹にぶつかるんです)。

心が楽しいと上ばかり見て、(そうするとたいてい躓くの)。

リュウマチは辛いですね。あまり無理されないように・・・
痛みがなくなりますように・・・

ららはお料理苦手だから、雪国もやしさんのブログを見ながら、朝食のシリアルをたべてま~す

毎日ごちそうさまです。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1665-94bf3b8a

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。