夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012469.jpg


大気もひっそりして
どんよりした空は雨を堪えているよう・・・

ここは独りでいくのがすき

暗いためかまだ開きかけの花が多い

00012470.jpg


この静けさに見せられて
睡蓮の中に入っていく

ここでは少しだけ時間がとまってしまう


またゆっくり
繰り返される日常が戻ってくる

どこ?いまはどこ?

今日は旅の準備
荷物が多いし

00012471.jpg


写真を撮るなら
細かい枯れ枝をとりのぞいて素敵に取ってあげればよかった
なんか
すぐにでも撮らないと
朝露がこぼれてしまうような気がして

彦星様はもう遠くに行ってしまったらしい



スポンサーサイト

コメント

まぁ~んまる
ま~んまる・・・ころりんの水の玉・・・綺麗ですねv-238

里芋の葉ではありませんが、この露を硯にとって墨をすったら、素敵な文字が書けそうな気がしてきましたv-353

睡蓮の花って、どうしてこんなに厳かな雰囲気になるのでしょうね。
周囲の静寂感まで・・・こちらまで伝わってきました。

ららさん、いつも素敵なお写真をありがとうございますv-344
ご旅行・・どうぞ気をつけて行ってらっしゃいませv-290
雲が厚い日・・
水の比重が高くなったようなトロ~ンとした感じですね・・
睡蓮の花が映えますね・・
この暗さが素敵かも・・=*^-^*=

最後の写真・・枯れた茎があったほうが味があるような気がします・・
自然のままに・・

今日1日がいい日でありますように・・・=*^-^*=♪Thanks!
睡蓮いいですね~
二枚目の白い睡蓮に強く惹かれます。
明るさ、ピントの合せ方、合っている範囲、背景とか構図とか、いいなあ~
雪国もやしさんへ
まん丸な雫で墨をすって・・・
素敵な発想ですね、きっと雪国もやしさんなら素敵な字がかけそう♪

睡蓮って不思議な雰囲気を持っている花ですよね

空気も水も祈るようにじっとしているようで

旅行木曜に出ます
カメラと三脚、ジーパンスニーカーの他に
ドレスとハイヒールと白ビーズのバッグと・・・・・・
どうなることか・・・
PANSYさんへ
睡蓮の周りでは水の比重が高くなる感じですよね。
ほんとに見ていて不思議でした

睡蓮って周りを暗くすると自分で光を放っている感じになりますよね、本当は午前中でしたけれど

雫の写真、枯れ枝はありかな・・・
でもピントが甘いのが残念。慌てた気持ちがすっかり出てしまいました(^^ゞ

よ~かんさんへ
被写界深度をかなり浅くしました
もっと近づいて撮りたかったけれど、沼に岸からはこれが限界でした。
花は多いのですけれど、痛んでいたり、黒い斑点があったり、
肌の綺麗な花は意外に少なかったです。
人間と同じで・・・

ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1679-36ad99a7

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。