夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012511.jpg


あのフランク・ロイド・ライト設計
大正12年

シンメトリーで縦のほかに横に直線的に空間を仕切る

00012512.jpg


幾何学的というとシンプルなイメージを持つかもしれないけれど
これほど細部にわたって装飾的でかつ男性的な
堂々とした建物は
他にあまり見たことがない

00012513.jpg


あ、国会議事堂もそんな印象かも・・・

大正12年といえば関東大震災

それ以後、大日本帝国が強調される時代
そして
戦後
帝国という言葉が削り取られる中で
今でも新しい帝国ホテルはやはり堂々としている

00012514.jpg


この明治村にあるのは中央玄関の部分
皇居の前にあるこの建物を見たかった・・・



フランク・ロイド・ライトも波乱万丈の一生
でも
どんな境遇でも何かを吸収するのが天才なのかも

設計への情熱と女性への情熱
人がどう言おうと彼の中には一貫した何かがあったに違いない

はじめに目に付いたのは玄関の石が大谷石だということ
そっと触ってみた



スポンサーサイト

コメント

こんばんは!
ライト設計の帝国ホテル、見てみたいです(^^)
国内外からたくさんのお客様を迎える建物。
ライトはどんな「おもてなし」を考えて、この建物を設計したのかなぁ...

子どもたちのための建物は、今も東京・池袋に残ってますよ(^^)
もっとこぢんまりした建物ですが、こちらもとても素敵です♪
以前もららさんに見て頂いたと思いますが、うちのブログの「フランク・ロイド・ライト」のタイトルで登場する建物と比較してみてください。
きっと面白いと思います(^^)
ベルニナさんへ
ライト設計の建物
ベルニナさんのブログでたくさん拝見しました

日本近代建築史の資料のようにたくさんの解説もあってたのしかったです
明日館も行ってみたいです

帝国ホテルの設計では
なにか日本的な要素を取り入れたような気がします
ベルニナさんもぜひ見てくださいね、すてきです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1690-a8c761cb

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。