夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012540.jpg

東京駅が出来たときに同じく生まれた交番

そういえば東京駅と同じデザイン

でも近寄ってみると何かが違う
レンガではなくて、レンガタイル

解説によるとこれが当時の新しい工法だったらしい・・・

この写真では見えないけれど
ドームが屋根についている

東京駅も当時は3階建てで、
大きなドームがあったらしい・・・

大正3年・・・
それから始まるデモクラシーの波・・

以下日常のフォト4枚と雑感

00012538.jpg

きのうお友達がお友達からもらったというトマトをもらった

00012536.jpg

食べてしまう前に

00012539.jpg

小ぶりのトマト
らら
大好き

00012537.jpg

光の中で
あなたの爽やかな笑顔を想像して・・・

スポンサーサイト

コメント

へぇ~...
こういう交番があったのですね。
その場所へ残しておけばよかったのに。。
古い建物を明治村のように保存すること自体はもちろん良いことなのですが、建築物は、本来の場所に建っているからこそ価値がある、というものもあると思います。
ただ、近年はようやくその点にも気づいてきた人たち(特に行政)が多くなってきたようで、うれしいです(^^)
ベルニナさんへ
この交番が丸の内のあの東京駅の建物の隣にあったらほんとに素敵だったでしょうね

再開発もいいですけれど、後世に残しておくべき文化遺産を大切にしてほしいですよね

なくなってしまうものをここに移して保存した民間人の努力も素晴らしいです(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1696-6675ae19

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。