夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012636.jpg

東山梨郡役所
明治18年建設

形は立派な西洋館

00012637.jpg

シンメトリー
正面にベランダ
中央棟と左右翼屋

00012635.jpg

でもよくみると、びっくりするくらい和風の技術
このベランダの手すり
そして壁面の角の部分の積み石風の黒漆喰
  
00012638.jpg

向って右側がこの明治村の村長の部屋
これが村長の椅子

明治という時代
今より西洋風建物と
今より純和風の建築とが混在

その面白さが
ここにある

以下日記とアメリカンブルー
00012633.jpg

この前名古屋に行ったときほぼつぼみが枯れてしまったアメリカンブルー
やっと今日はじめてまたはなをつけた。
よかった。
可愛がればその分微笑んでくれる

00012634.jpg

光の中に融けてしまいそう

ずっとここにいて
そっと囁いて

時間はきっととまってしまう
あなたはあなたのまま

とてもすてき



・・・・・・・
何か今日は山のような仕事
しかも7時まで働いて
食べて
シャワー浴びて
もう眠い

一日何も考えることなく終わり
こんな日もあるね

明日も仕事・・・・><

カメラを持って旅に出たいのに



スポンサーサイト

コメント

役所と言うよりは、保養地の別荘みたい(^^;)
前に、アメリカ南部のラ・グレインジュってところへいった時(ジョージア州の西部にある別荘地です)、こんな家があちこちに建っていました(笑)
スカーレット・オハラの家みたい(^^;)
でもよーく見ると、やっぱり和風なんですね。
屋根だけを見ると、どこかのお寺のようでもありますね。
こういうのって面白いですよね。これを建てた大工さん、どういうことを考えて作ったのかなぁ...
日本でしか見られない洋館。大好きです(^^♪
ベルニナさんへ
そうなんです
こういう明治の建物
日本でしか見られない洋館ですね。
函館でもこういう建物が多かったです

洋館が日本にどんどん浸透できたのも
江戸時代までの建築技術を持っていたからなんでしょうね。

確かに一見アメリカの別荘です

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1711-67e8871b

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。