夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012665.jpg

この聖ヨハネ教会堂は明治40年河原町通りに建築
キリスト教禁止令が解かれてから14年後

設計者はガーディナー
あの立教大学の校舎を設計して、学校の校長を勤めた人

ゴシック風の教会堂を見た後だったので、このロマネスク様式がすごく新鮮
あの安野光雅の旅の絵本の中に出てくる中世の建物みたい

00012666-1.jpg

一階はレンガ造り
半円ではないこのアーチがすき
確か立教もこんな感じで



00012666.jpg

2階は木造
窓は細長くて
中はステンドグラスになっているのかしら

今思えば、中に入ればよかった・・・

以下日記とカサブランカのフォト
00012658.jpg

だんだん胸が痛くなって・・・職場のみんなに言われて
病院に・・・

やっぱり肋骨2本にひびが入っていた。

寝返りも打てない
くしゃみが痛くて怖い
最悪

と思いつつ、車椅子で困っている人とであって、薬局まで車椅子を押してあげてしまった・・・
痛かったけれど・・・

もちろん明日も仕事
日々くらいなら何とかなりそう・・・

お仕事?おかえりなさい~お疲れ様。

バルコニーから空を眺めた
一瞬東の空が赤紫、西の空がオレンジ、北の空が水色
千切れ雲が漂って

この一瞬の美しさをあなたにプレゼント





スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさんへ
ありがとうございます

優しいお心ありがとうございます
レンズを通してみた世界に心を解き放っています

肋骨は自然に治るのを待つしかなさそうです
おー!
わが母校の校舎を造った人の作品がここにも残っていたのですね!(^^)
たしかに、レンガの使い方が立教のモリス館やチャペルとよく似ていますね。
柱の感じやアーチの雰囲気も、どことなく親しみが湧きます♪

以前、こちらへのコメントの中に、「聖パウロの名を冠した学校へ通った」と書きましたが、
聖パウロ=英語で St. Paul 、なので、立教のことです(^^)
ベルニナさんへ
そうなんです。
思わぬところでガーディナーの作品に出会い
感激しました

洋風建物と比べるとやはり本物だけがもつ重厚な伝統を感じますね。

そういえば、聖パウロはセントポール
立教はSaint Paul's Universityでしたね
でも最近はほとんどRikkyo Universityと書いて、少し残念です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1717-7ba58858

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。