夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012709.jpg



動きのリズム

00012702.jpg

時の流れの激しさにも

消えることのない情景

時の向こうをじっと見つめる

00012701.jpg

滝つぼは心のなか

溢れる思いに
リアルだった流れは
カオス

00012707.jpg

見上げて
滝の風を顔に受ける

あの雲の向こうは
すべての願いの叶う虚空

00012705.jpg

レンズを取り換えて最後に全景

この一瞬がすべての今
リアルな存在

00012706.jpg











00012710.jpg

写真は名古屋城の門のところ
入れないのは分かっていた

せっかく来たのだから記念にフォト

日記
・・・・・

午後はずっとベッドで眠っていた
今は何もしないほうがいいのかな・・・
そう思ったら、
テンション落ちて

ただ寝てた。。。

夕方サギが二羽空を渡る

もうすぐ三日月が見えるかな~




スポンサーサイト

コメント

ちょっとひさしぶりになってしまいました・・・
と思ったら、肋骨にひびですか!
本当に気をつけてくださいね・・・
あと絶対に無理をしないでくださいね。

養老の滝、全景の最初のヤツの雰囲気がすごいいいなあ。
特に滝の白さは素晴らしいと思います。これ以上明るくなる手前の
絶妙さ加減。手前の手摺は残念かもですが・・・

さすが、滝を撮ってもやっぱりららさんらしい写真になってますね♪
この滝、私は一体いつ行けるんだろう・・・
おはようございます
滝にうたれたい気分です。
どれだけすずしくなるでしょ。
きっと全身真冬になるでしょうね。
画像だけでも涼しい~♪です。

肋骨のヒビ、どうですか。
骨折よりなおりぬくいともいいますからね。お大事になさってください。あまり動かない方がいいけれど、たしかにテンションさがりますね。
よ~かんさんへ
この手すり
引き抜こうと思ったけれど無理でした(^^ゞ

ららですら全然迷わずに行けるところ。

滝の表情を感じたままにフォトにするって
難しいですね。

無理をしないでおとなしくしているつもり。
といっても、何が無理なんだかよく分からないのが難点で(^^ゞ
夕香さんへ
おはようございます

このあたり一面すごく涼しかったです
滝つぼの近くに立っているだけで
打たれなくても全身濡れて
きっとひんやり感が気持ちいいでしょうね
夢に向って頑張っている様子
さすが夕香さんです
ちょっとだけテンション下がっていますが
ららもがんばります(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1725-8f65917b

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。