夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012807.jpg

水の流れ、
時の流れ

流れの中に身を置いて
流れの力を両足に感じつつ
ふと思う

流れってなんだろう・・・
流れに身を任せてという
流れに逆らえば生きにくい

言葉の刃も
水に流せればいい

流れの中に光が見える

00012805.jpg

小さく瞬間結びまた消える泡がはこぶ光

何か人を許し、自分を許したとき
きらっと光る光

00012806.jpg

消して流れない記憶、心の傷
時の流れの中で
深く重くそこにあって

動かそうとするのに動かないで
そこたくさんの小枝が引っかかり
同じように、何気ない言葉も絡まり、傷を深くする

動かそうとすればするほどその重さを感じる

さ、もう自然の神様に任せておいて
そのうちかならず
倒れた樹も
朽ちて流され風化するときがくる

無理はしないでね



本当は
流れのなかのこの樹を
動かしたかった

無理に動かそうとして
膝までの長靴の上までぬれて
その重たさにおどろいた

心の重たく沈むもの
風景の隅で横たわるのが気になっていた。



00012804.jpg

見つけた赤い実
実を結ぶ・・・それは素敵な言葉

でも
実を結ぶことだけがすべてじゃない

実を結ばない努力や、届かない思いだってある
赤い実を夢見て毎日過ごす
その力が
美しい
その美しさが
幸せ

・・・・
スポンサーサイト

コメント

今まで流れに逆らってきました。
でも最近、流れに任せるのもいいんじゃない?と言われているような、そんな気がしています。
けど、私にとってはたやすいことではなく、息苦しい毎日です。
けど、ここで変わらないといけないのでしょうね。
あとは自分次第かあ。
まりごまさんへ
流れに逆らうと流れがとても強く感じられますよね

きっと流れに身を任せるって言うのは
肩の力を抜くことかなぁっておもうのです。
そうすれば、自然に浮いて泳げるのかも・・・
(ららは泳げないもので(^^ゞ)

変わらなくてはいけない・・・
それはちょっとだけ堅苦しいです、

少しだけ、力を抜いて深呼吸
振り返ると・・・変わったかもって気づく感じ(^^)
連続投稿で御免なさいっ((+_+;))

赤い実には赤い実の、
青い実には青い実だけの魅力がありますね^^

植物の種子って面白いですよね…。
一番栄養価が高いのって芽がちょっと出た頃なんでしたっけ…?勉強しなおさなきゃ~(;一_一)
塚彩さんへ
ららも勉強していないからわからないけれど、
新しい子孫の成長のための実
発芽の前が一番栄養ありそう・・・

でもこれ食べられそうもないけれどね。
赤い実も青い実も可愛い・・
そのうちみんな赤くなるのかな~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1750-f773858e

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。