夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00012848.jpg

ここに何が植えられていたのか・・・
分からない

泥んこの沼

レンコン?
レンコンなら今花が咲いているはず

見捨てられた沼

00012849.jpg

こうなれば
沼というより泥

00012850.jpg

小さな微生物が作った気泡が水面にぷつぷつ穴を開ける

迷って間違えてしまった光は
後戻りすら出来ない

泥は不気味に光る

00012851.jpg

でも
それでいいじゃない
温かく命を抱いて
育んでいる

まどろんでいるような
母体のその中のような
温かさと醜さと美しさ

今日の講義で

Everyone is equal.
これが平等の意味で、それは
Everyone is the same.
ということではない・・・

そんなくだりがあった。

00012843.jpg

ゆっくりでなければ歩けない人の隣を
得意げに走っていくもう一人

チーターが舌打ちしていい捨てた
「たいした違いはないのに、人間同士差別?ばかばかしい・・・」

暗いところでは前に進めないし、空を飛ぶことが出来ないし
そんな人類をみて
フクロウは哀れんだ・・・
でも、そんなフクロウの気持ちなんて、人には関係ない
だって全く不自由じゃないもの・・・

いろいろな人がいていいじゃない。
いろいろな人がいるからその関係が
絆が美しい。

・・・・
これが今日の講義の感想。

それなりにきちんと解けたはずのテストでも・・・
どこか間違えていて・・・
先は長い・・・

実習は流山に決定
10月の後半

・・・・・
嵐の帰り道
一瞬自分が照らされたような眩しさ
そして、
爆発のような音

落雷で
街灯が一斉に消える

激しく吹きつける雨
ワイパーは全く役に立たず
前が霞むのではなく
全く見えない・・・

嵐の中でも平気で走るららだけれど
今日のような雨ははじめて

事故るのはいやだから前が見えなくなるたびにハザードランプしてとまる。
信号で止まるときもハザード。追突は嫌だし
川のように溢れたところは、車線を無視していけるところをボートのように進む

それでも無理そうなところは迂回

都市は雨に弱く
流れを失った水が道路にたまる



スポンサーサイト

コメント

>ゆっくりでなければ歩けない人の隣を
得意げに走っていくもう一人

これ、娘2人の関係みたい。
最近そう思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
いつも素敵な写真! 小v-266さな植物の生き様を見逃さない観察力には、感嘆しています。
細やかな、心をお持ちなのですね~^^
まりごまさんへ
走って発見することもあれば
歩いてはじめて気づくこともあるし

可愛いお子ちゃまたちの素敵な感性を育てていってくださいね。
娘さんたちを見つめるまりごまさんのやさしい温かい視線を想像しているららです(*^_^*)
荒野鷹虎さんへ
ありがとうございます
キョロキョロするのがすきなんです。
で、いつも人と違うところを見ているので
今日も、
山手線、反対に乗ってしまって、
高田馬場から原宿まで
全然気づきませんでした><

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1761-3fa2019d

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。