夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00013073.jpg

今日は撮影ツアーで
少しだけ遠出

その道中で
こんなに金色の稲
たぶん間近で見るのは初めて

00013074.jpg

売るものは機械で収穫、乾燥だけれど
家で食べる分はこういう棒に干す

00013071.jpg

降っていた雨は止んで、雲の間から青空が広がる

00013072.jpg

ノーファインダーで

00013076.jpg

よく見ると赤とんぼ

00013077.jpg

赤とんぼが金色の田んぼをスイスイ泳ぐ

日本の秋

・・・
お月様が綺麗だった
偕楽園でゆっくり見ました
十五夜のお能もやっていて
弘文館もライトアップ

キャンドルの川が出来ていてすごく素敵
少しずつアップしますね

でも・・・ねむい!!!

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
私も今年は稲を撮ったのですが、
こちらではまだ刈り取りはされていませんでした。
天日で干す風景は懐かしいですね。
まさに日本の風景という感じで、なんだか心が温かくなりました^^
こちらもそういう風景は見られますが
以前よりはかなり減りましたね。
私も何気ない景色を見に行きたいです(*^_^*)
Fooyさんへ
稲がこんなに金色に光っているのを見たのは初めてで(^^ゞ
稲、あちこちで稲刈りの風景、
日本らしいですよね~

今まであまり見たことなかったんですけれど、
なぜか懐かしいのは日本人だからかな・・・
まりごまさんへ
小さいころはこういう風景を見たことがなかったので
とても新鮮でした

自然と一体になった力仕事は大変でしょうけれど、
それが自然の風景って感じで^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1812-eff239e9

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。