夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00013106.jpg

雨は上がって空はみるみる青空

00013106-1.jpg

ほら、
雫が虹色に光る

風さん、
そっとそっと吹いてね
雫さんを落としてしまわないで

雫さんが
このままお空に羽ばたけるように
本物の虹の向こうを目指せるように

00013107.jpg

優しい物語が静かに語られたのは
路傍の草原

地球には
誰にも語られずに消えていく
純粋な魂の想いがある

そば畑のちかくの空き地で

以下フォト1枚と雑感


00013093.jpg

稲を刈ってそれを干す
これを何ていうのか忘れてしまった・・・

でも
ずっと何百年も続いているやり方

受け継がれる知恵

・・・・
面接一週間延びて今週木曜・・・・

一週間ですっかり成り行き任せの気分になって
気楽にまっすぐ進むつもり

ほぼ一日母親の病院の付き添い

気づいたらルルの首輪が壊れてルル脱走
泥まみれになって帰ってきたルル

どこで遊んでいたのか・・・

とにかくルルをシャワー

レポート3つ目作成中





スポンサーサイト

コメント

こんばんは^^
綺麗な雫ですね。。。。本当に綺麗。。。
涙のように。。。この後は、虹と共にすっきり気分ですね^^
今日のお月様。。。赤の時がありましたね。
びっくりしました。。。でも、笑ってらっしゃるようでした^^
「おだがけ」ですョ!
相変わらずUPが早くて付いて行けません...
後でゆっくりUPの
This IBARAKIでご堪能ください!
今回は、どれ位違った物が出て来るか
お楽しみに!
こんばんはー。

「はさかけ」とか「おだがけ」って言いますね。
地方によって違うのかも。
そうそう。
束ね方(干し方)も、地方によってやや違うようですよ。
去年の秋、秋田周辺では、まったく違った光景を見ました。

↓のソバ畑、いいですね♪
うちの田舎の近くに、幌加内(ほろかない)という日本一のソバの産地があります(^^)v
旭川市内にも、江丹別(えたんべつ)というやっぱりソバの産地がありますよ~。
...って、ちょっとだけ自慢でした(^^ゞ
fmutuさんへ
光の中の雫ってとても不思議
七色に変わる雫がとても好きです。

昨日のお月様、、、赤くて、笑っていたのですね
見たかったです・・・
でも雲がいっぱいで
全然見えなくて・・・・残念です。
小口さんへ
「おだがけ」
そうでした、そうでした。
覚えたはずが、
やっぱりわすれてしまいました(^^ゞ
ありがとうございます

フォト楽しみにしていま~す
ベルニナさんへ
はさかけとも言うのですね・・・
干し方が地方によって違うというのは面白いですね
北海道のそば畑の風景は
本州と違ってすごく雄大なんでしょうね(*^_^*)
あ、66666もよろしくおねがいします

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1816-246e8591

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。