夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00013168.jpg

斜めになった木漏れ日が最後に照らすのは
小さな樹の赤ちゃん

まるでスポットライトのように
今日はじめての今だけの主役

00013169.jpg

歓声とともに半ば強引に車を止めて
写したフォト

空はいい
空にはすべての可能性があるから

流れにすべてを流して

また蘇ってはじめの一歩

00013170.jpg

残照はゆっくり闇に包まれる

そして終わりはまた始まり

00013156.jpg

帰る直前の林で
日が斜めに傾いている
みんなで一斉にカメラを向けたフォト

・・・・

今日はボランティアをしている病院主催の講座
仕事を休んで出席

そしてレポート4つ提出

あとはまたチャレンジ(*^_^*)

スポンサーサイト

コメント

この世のものではないようね。
ほんとにきれいな夕陽ですね。
きっと目の前にした時は涙が出るほどきれいだったでしょう?
こんな色は自然にしか作れない色だね。
林の中の写真も木漏れ日がさしてて素敵ですね。
ららさん。。。
初めて感じたんだけど。。。
雲のね。。。端っこが。。。血管の様に見えました。。
ドクッドクって心音が、聞こえてきそうでした。。。
私の心も、どきってしました。
葉月さんへ
この赤さが空一面だったら雄大でしょうけれど、
どんどん灰色に変わってきそうで慌てました^^;

夕日は大好きです、なにか明日を約束してくれるようで。
でもあまり美しすぎると急に寂しくなってしまうかも・・・
今度は広角で空一面の夕焼けを撮ってみたいんです
fmutuさんへ
そう、雲の端だけ耀いて、血管を耀く血液が流れているように・・・
不思議ですよね
地球全体が一つの生命体みたい・・・だからみんな
お友達(*^_^*)
こんばんは。
頑張っていると、神様はこういうご褒美をくれるものなのですね(^^)
いいなぁ~。
こういう光景...もう言葉はいらないですよね。

ところで、カウンターはとうの昔に66666を通り過ぎていました(^^ゞ
ベルニナさんへ
神様がくれるご褒美
忘れてはいけないですよね
神様に感謝

みんなに支えられて何とか明日に向って・・・
という感じかな~今は。

カウンター今度はスルーでした
つぎは70000のとき(*^_^*)
夕陽きれいですね
こんばんは
夕陽きれいに撮れていますね。ツアーの時別の車に乗っていましたが、突然ららさん達の乗っている車が止まったので何かな?と思いましたが、すぐ答えがわかりました。
日が沈む寸前で、ぎりぎり間に合ってよかったですね。
ゴジラ大好きさんへ
はい、ららの叫び声で車止まってくれました。
撮影する間みなさんに待っててもらって
ご迷惑をおかけしました

沈む瞬間でした。
ラッキーでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1825-2bd3f253

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。