夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00013210.jpg

「あ、ららだ!・・・久しぶりだね」

00013211.jpg

「ボクね、その丸い大きな眼みたいなの、、、苦手。
誰だって苦手ってあるよね・・・
ららだって苦手あるでしょ・・・苦手なものからは逃げるのが一番
人間だけだよ・・・我慢とか、練習とか・・・
ってわけで、ボクは逃げるよ!バイバイ」

00013212.jpg

「怖いものなんて、忘れちゃえば良いんだよ
そうしてお昼寝が一番さ

よく食べてよく寝ること
秋の健康の秘訣だよ」

00013213.jpg

「無理しちゃだめだよ
ららだって疲れてる顔してるんだから
もうねむろうよ、
ここにくる?ベッドあるよ
あ・・・ちょっとらら大きすぎるよ」

以下フォト2枚と雑感


00013214.jpg

しばらく休んでいると、自分の興味のものだけの情報しか吸収していないことがよく分かる
別に意図しているわけではないけれど・・・

書店で頭が考えていることは
慣れない人がミスをしないようにするにはどうしたらいいかとか
経費削減のための案とか、何が無駄で何がサービスなのか、とか

全然、本のことではないし何の役にも立たない

00013215.jpg

でも興味があるのはたくさんのパートさんバイトさんが一つの組織で、ミスなく効率的に動けるようなシステムは、どんなものかということ・・・

こんなこと考えているから、ひとり宙を泳いでいるみたいなの。

あ~~、とにかく疲れた・・・

ON BOOKで購入したある本、

パソコンの変換ミスも見つかるけれど

すごくこれからの勉強のヒントになっている

毎日意識がなくなるまで夜読むのが日課です^^



スポンサーサイト

コメント

こんばんは~。
リスちゃん、かわいい~~~!!
(どこで出会ったの?)

先日から尾道の写真をブログにアップしているせいで、林芙美子の「放浪記」を改めて読み出したのですが、これにはまってしまいました(^^ゞ
学生時代に一度読んだはずなのに、そんな頃の記憶は全く吹っ飛んで、一文一文がとっても新鮮。
この本、いい年になってから読んだ方がいいのかも?な~んて思いつつ、毎晩、ちびちび読んでます(笑)
ベルニナさんへ
このリス牛久大仏のなかの小動物園です(^^)v
リスってすぐ動いてしまうから撮るのはとても難しかしい

「放浪記」
小説を読んだことはないですが・・そのうち読んでみようかな~
寝る前は・・・それぞれ楽しみがありますね
ららさんとリス君、お友達だね^^

昨日、教会の下の方にシュウメイギク描かせて頂きました^^
ららさん!ありがとうございます^^
fmutuさんへ
誰とでもすぐお友達になれるの(*^_^*)
これ、特技かな??

fmutuさんの描いたシュウメイギク見せていただきました。
本物よりずっと素敵に・・・
すごく感激です
ほんとにありがとう!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1831-4d70e8ab

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。