夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00013235.jpg

あたまも心も
いっぱいいっぱい

そんなネガティブな朝

ケアマネとの話で・・・
行政の規定
ヘルパーさんの優しさを縛るような規定

00013236.jpg


厚生省が打ち出す病院から在宅へという流れ
癌の治療も自宅で出来ることの素晴らしさをビデオで見たばかり。

ところが昨日のご家族の話

癌の発見するチャンスはたくさんあったのに、見逃されて
抗がん剤治療を通院で。
ベッドがないという理由

仕事をしながら奥様の病院の送迎、家事
本人の苦しみ、抗がん剤の副作用と、骨が脆くなっているための骨折
地獄のような日々

やっと入院できたのが緩和病棟、
そしてそのとたん、余命一週間と言われたと・・・

00013238.jpg


とにかく
おもい・・・

そしてどこか
かなしい

そんな心を映してすこし
暗めなフォトでした

00013237.jpg

朝の眠気がきえて
コーヒーの香りに包まれる

頭のもやもやした重さもゆっくり消えていく

病棟のファミリーキッチンに
撮った写真を飾っている

昨日そば畑のフォトを
コスモスのフォトに変えた

ご家族の方が来て、
「あら、写真が変わっている」と

見てくださる人がいる
うれしい・・・

来週はどんなフォトがいいかなぁ・・・・・



スポンサーサイト

コメント

こんにちは
いま医療問題があちこちで噴出しています。どこの市もそうですが、もう危険地帯なのです。
どこかららか、(国はもう面倒を見てくれないので、)お金を捻出しなければ破綻する、という事例が多くあります。私たちのところもおなじ。
病院閉鎖で行き場を失う患者さんたち。
一体日本はどうなるのでしょう。何処へ行こうとしているのでしょう。家では安心して治療はできません。みんな官僚たちは自分のことではなく、ひとごとなのでしょうか。それとも仕組み自身がいけないのでしょうか。とにかく憂えるべき事態です。
納得のいかないことが世の中溢れすぎていますね。
それはどれも傍観者がどうすることも出来なくて。
ただ人が辛そうなのを見ているしか出来ない自分が
もどかしいし、かなしいです。
こんばんは^^
国は行き当たりばったりの様な感じがします。。。
教育にしても。。。核家族、女性の社会進出によって消費国家にしておいて、医療、福祉が大変になると在宅で。。。て。国民は戸惑うばかりですよね。。
夕香さんへ
そうなんですよね。家庭の負担を減らすには病院、医療保険・・・でも病院もつぶれそう・・・ならば介護保険と地方自治体・・・でも地方も財政難
それじゃ、国が・・・それももう無理・・・
変な日本です
まりごまさんへ
そうですよね、何も手助けを出来ない
でもかならずいつかは自分自身のことになる・・・それが医療と死の問題ですよね

女性のほうがまだ真剣に考えている
このままでいいんでしょうかね~~
fmutuさんへ
行政はほんとうにその場しのぎですよね。
ホンネは経費節約
でも、介護の負担は家族にはすごく重たいです。従兄弟はそのために独身で無職。
この先はどうなるんでしょうね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1836-f08a0067

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。