夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00013241.jpg

秋だもの

萩・・・咲いていないかな~

気をつけてみると雑草の間とか
公園の片隅とか
小さな花をつけている

00013240.jpg

この萩の花と鹿が昔の人の心では繋がっていたらしい

鹿ってきっと昔は山の中にも生活の中にいたのかもいたのかも・・・・

萩のことを鹿鳴花(しかなぐさ)ともいうらしい

今年の春の鹿のフォトをおまけに

00011358_20080926192422.jpg

みんなでららのことを見に来たの




00013242.jpg

こんどは彼岸花・・・曼珠沙華

花言葉は
「悲しい思い出」
「想うはあなた一人」
「また会う日を楽しみに」

00013243.jpg

実は日本では少し不吉な花とされるけれど

リコリスというのはギリシャ神話の女神様

・・・・

一周忌が終わって夕方職場の友達とのお茶会も終わって

一つ一つ予定をこなしていく

薬も手に入って

また夜の楽しみ・・・

ベッドで読書(*^_^*)


スポンサーサイト

コメント

こんはんは☆
ららさん、今日もお疲れ様。
萩の花は他の方の写真でもみかけたけど、このように花をアップで見られたのはららさんだけかも。
こんな形をしているのね。また違った萩を見ることができました。
彼岸花・・・曼珠沙華どちらの呼び方にしても、私には燃え盛る情熱の花に見えるんです。女の人の情念を感じるの。
こんばんは。
萩の花...じっくりと見るのは本当に久しぶり♪
よく、「萩の寺」なんていうところへ出かけたりしていました。鎌倉にも有名なお寺がありますよね。
でも、実際に萩の花が咲いている時期には行ったことがない!ということに最近気づきました(笑)

来週はもう10月ですね。
月曜が新月ですから、来週の後半には、日没直後の西の空に三日月が見えるはずですv-280
葉月さんへ
萩は全体で萩らしさがありますよね
実はこの萩は少し小さくてさびしかったから
お花だけにしました。それもまた綺麗でしょ?
自然ってどこにでも美しさを隠しているから・・・
女の情念・・・わかります。あの不規則な赤い花びらは燃えさかる炎のようですね。情念・・・・合ってますね。
ベルニナさんへ
萩の寺・・・鎌倉にあるんですね
いってみたいな~きっと今頃綺麗かも・・・

お月様情報ありがとうございます。
最近会えないと思っていたらもうすぐ新月なんですね
三日月を入れた夕方の風景も撮ってみたいです
でも難しいですね・・・世の中電線ばかりで・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1837-5c369492

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。