夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
頭の中が

まっしろなのか
まっくらなのか

00013326_20081022212618.jpg

きっとこんな感じで、
なんか自信がもてない

人と人の関わりの基本を否定された感じで

以下フォト1枚と雑感
00013439.jpg

二つのゲームのグループが自然に出来た

一人の子が誰とも関わらないでそこを通った

思わず・・・○○さん、ゲームする?と離れたところからそっと語りかけた
すべきとか、迷わずにそれが自分だから・・

しばらくしてその子は帰ってしまった。

でも誘ったのは、知らん顔するより良かったと思うと職員さんに言ったら、
「誘ったことで彼女はいづらくなって帰ってしまったのかもしれない」
「それはテリトリーへの侵入かも」と。

その職員さんはお昼にもメンバーさんと同じテーブルで
何も語らず会話を交わさず食べて黙って事務室に行ってしまった。

その方がまさに実習の指導者。

このときから
ららの心が混乱して何もかも分からなくなってしまったの。

明日もう・・・行きたくない・・・
いや、行かなくては・・・
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

最低限の義務だけを果たして(果たしたつもりで)いる、その職員さんの思いこみ、それこそが、その職員さんが自分で築き上げてしまっている自分の「テリトリー」なんじゃないかな?

その子のことは放っておけばいいと思っていたところ(自分の中でそう定義していた=テリトリー)に、「よそ」から来たららさんが、余計なことをしてくれたと感じたのでしょうか。

「テリトリーの侵入」と感じていたのは、その子ではなく、その職員さんのような気がします。

心を閉ざした子どもには、こちらから心を開いていろんな形で接していかないと、いつまでもその子は心を閉ざしたままじゃないのかな。
すぐにうち解けたりということは難しいと思うけど、こればかりは、じっくりと根気よく続けるのが唯一の道だとも思います。

イマイチ状況がよく理解できないのですが、少なくとも、ららさんの行ったことは、その子にとっては、決して悪いことではなかったと思いますよ。
その職員さんがどう感じているかということは、その子の心を開くためには、この際、どうでもいいように感じました。

指導者である職員さんがどう思うかということよりも、実習だろうが練習だろうが、その現場では、一番大切なのは、その子のこと。

ららさん、負けないでねv-91
私も、ららさんのされたことは決して悪いことではないと思います。
具体的に、と言われると難しいですが。

ららさん、応援してますよぉ\(^o^)/
私も練習ガンバります♪
相手の気持ちは相手にしかわからないし。。。
自分の思い込みで決めるのはどうかと思いますが。。あくまでその職員さんの気持ちですし。。。
その子の気持ちは別ものですしね。。。
私はこんな気持ちだったけど。。。あなたはどんな気持ちだった?ときけたらいいですよね。。。
その子は、本当はどういう気持ちだったのでしょう?
今は、まだ心の準備が出来ていなかったかもしれませんが、ららさんが蒔いたきっかけの種・・・もしかしたら・・・ちょっと他の方よりも時間はかかってしまうかもしれないけれど・・・でも、その子の心の中では、少しずつ育っていっているかもしれないし・・・。
難しい判断ではありますが、ららさんは、ららさんの接し方で・・・。
職員さんは、職員さんなりの判断で・・・。
いろ~んな見方で、その子を見て行ったほうがいいんじゃないのかな・・・って・・・素人の雪国もやしは、そう思います。
みんなが同じ方向で向かうことも素敵。
でも、いろ~んな見方があって・・・いろ~んな人がいて・・・それが世の中。
だから、雪国もやしは、ららさんのとった行動・・・素敵って思います。
セミのように・・・まだまだ土の中からでて来られないかもしれないけれど・・・きっとね、その時期が来れば・・・そう信じて・・・。
ねっ、ららさんv-22
お疲れ様です!!
ららさん、こんにちは!
私がもしその子の立場だったら、誰からも声を掛けてもらえなかったら寂しいと思います。
声を掛けられないで居続けるほうがずっと居づらいと思います。
ららさんの優しいお心遣いは、きっとその子にも届いていると思います!!
だからどうか、元気を出してくださいね。
ベルニナさんへ
ありがとうございます。朝、お返事は出来なかったけれど、コメントを読ませてもらって、
今日も頑張ろうと、
少し前向きになれました。
その職員さんはその場にいたわけではないので、
ららの言い方、その子との距離(10mは離れていたし)を分からないはずなんです。

頑張って今日も帰って来ました。
今日は別の形の失敗をしましたが・・・
明日はまたがんばってみます。
ほんとにありがとうございました
まりごまさんへ
ありがとうございます。
朝、コメント読んで、ほんとに嬉しかった、
また頑張ろう~って気持ちがわいてきました。

明日も何があるか・・・でも、橋の三分の一はもう渡ったのだから、渡ることを考えますね

まりごまさんもギター頑張って(*^_^*)
fmutuさんへ
それぞれみんな違った気持ちを持って感じ方をもって、
相手の気持ちをそれぞれ違ったように考えるのかもしれないですね

誤解ってそんなところから生まれるから、施設という環境とは違う問題ですよね。
だから
コミュニケーションが大事なんだけれど、たぶんその子は自分の心を表現するのがとても苦手な子だから難しいのです・・・・
人間関係って・・・かなり思い込みがありますよね、恋もかなりそうだったりして・・・
雪国もやしさんへ
いろいろな接し方があっていいですよね・・・
たぶんその職員さんのような考えだと、誰一人声をかけないし、誰一人見向きもしない・・・そうなってしまうもの。知らん顔の人の間で、ちょこっと誘う人がいてもいいですよね。
彼女にとってそれがいいか悪いか、どう思っているのか・・・後になってみないと分かりませんよね。
少し肩の力を抜いてやってみますね。
ありがとうございました。
少し元気になれました(*^_^*)
今日もドジをしましたけれど・・・
雑感
人が集まれば集団が出来ます。
集団が出来れば社会が出来ます。
そこには、自ずとルールが出来上がって行きます。
その中にはルールに従えない人達もいます。
それを、個性と理解するかわがままと理解するか?
受けては、自分?
それとも、他のみんな?
ムズカイシ所ですが....
自分の立場は?
答えは、その辺りに潜んでいるのでは....

出来る事、出来ない事
やれる事、やれない事
やって良い事、やっては行けない事
自問自答は、きっと明日も続く....
知らないうちに答えは出ている。
何とも、不思議?

ムリせずがんばれ!
相反する応援を気楽に受け止めて...
今日も、ノリッキって。
小口さんへ
そうなんです、おっしゃるとおりです。
その集団に自ずと出来たゆる~いルール

突然放り込まれて6日たって
施設という小さな空間のなかの特殊な集団

しばらく迷いつつ
また明日から後半です。
ありがとうございます。
無理しないでがんばります(*^_^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1908-2a474ba0

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。