夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
パンは一回ガス抜きしてまた膨らむまで待つ

ららだって、萎んでもそれだけではない。

00013495.jpg

凹んだ心は何気ないことに感動する

体温のぬくもりが欲しいときは、ルルでも嬉しい

凹んだ分それだけで、ほっとした一日

もらったアロマキャンドルでバスタイムを
ららの心は楽しめる・・・かもしれない・・・



今日は職員から高圧的にやっつけられないで済んだ、
少しコミュニケーションが成立した
助かった・・・

ただそれだけ・・

職員はメンバーさんのことをケース報告という形で話題にする
人の心を読み取れない人とかいろいろ言うけれど、

職員さんとメンバーさんとあまり変わらない・・・

病気と正常の境は曖昧・・・

こころは2次元ではない境は境界線にはならない
こころは多次元
そのなかの一つが突出していると・・・病

これじゃ、実習は失格かも・・・

明日の夜明け前
お月様に会いたい・・・

スポンサーサイト

コメント

やさしい香りが漂ってきます
人の心を想い測ることって とても難しそう~
高圧的にららさんを威圧している方って
人の心を助けることができるのでしょうか?
なんだか 疑問???

本当に心が疲れているときは 人の本心が手に取るように解る時がある
なにげない 一言に しぐさに なにもかもわかっちゃうんだよね
そして 一人傷つくの。。。ふぅ~
そう ふぅぅって 体中の空気を吐ききって
嫌な もやもやしたものも いっしょにね。
そしたら きれいな空気が アロマのいい香りが体中に広がるかのかも~
今日も少し凹みました
せっかく資料を作ったのに、今日の会議では結局使わなかった…。会議が終わった後にまた明日の会議の資料作り、今日はいつもより遅く23:00頃までかかった…。
たまには愚痴をこぼしますが、無意識の内にいつも家族にぶつけているようです。家族もなれているようで、聞いても聞かないふり(ではなく聞いているようで聞いていない)。結局自分で解決するしかない。
うちの会社の職業病?で仕事中によくぶつぶつとひとりごとを言う設計者が多かった(昔、私もその一人だった)。でもこれが解決方法だったのかもしれない…まわりは迷惑だったかもしれないが、なれってしまえば気にならない。
あ!今日は愚痴ってしまいました。明日(もう今日になってしまった)また頑張るぞ!
chocolaさんへ
そうですよね。
心が疲れているときは、人の視線、一瞬の間、
瞬間の笑み、そんなささいなことに、ぐさっとくる。

その人の周りに漂うオーラが怖くなるんです。

でもため息と一緒にでも、疲れた空気を吐き出したら、今度は深呼吸をして見ますね。
いい香りです・・・
ゴジラさんへ
頑張ったものが徒労に終わると疲れが数倍・・・・
でも、その資料があったお陰で、上の人は安心して会議に臨めたわけだしね。

それぞれに違いますよね、ストレス解消法

しばらくカメラを持って外に出ていません
私には、それが最大のストレス。
明日はカメラを持って行こうかしら?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1913-4e155e47

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。