夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
朝目覚めて驚いた・・・
あたりが明るい

よく眠れた

よく晴れている

00013880.jpg

芝生が枯れるなかで
春に向けて芽を出した小さな雑草

雫に光を受けて

00013879.jpg

朝のイルミネーション

00013881.jpg

エノコログサの雫

エノコログサを見ていたら
「ハリネズミのジレンマ」という言葉が浮かんだ

ハリネズミ・・・孤独で寒くて震えていて
温もりがほしかった
優しい相手が欲しかった
温め合って、安らかに眠りに落ちたかった

そして出会う

思い切り抱きしめたい

でもあなたの針がいたい
あなたも私の針がいたい

あなたに触れたかったからあなたに触れて
あなたと私は傷ついた

今でももっと抱きしめたいのに

分かってしまった・・・・


触れ合えば傷つけあうこと

ハリネズミは一人で空を見上げる

以下フォト1枚と雑感

00013882.jpg

じっと種を育んで

枯れて乾燥して

種を飛ばす

すべて終わった今

満ち足りてひなたぽっこ


00013883.jpg

一気に葉を落としたコブシには

ほら

春に咲く花のつぼみ

自然の循環、人智の及ばない理法が自然にはあって

人もその中の一部




スポンサーサイト

コメント

はじめまして
写真とっても綺麗ですね!
Fc2のTOPの「新着記事」よりやってきました!

私、植物とか好きなんですけど、違った見方をすると全然違いますね!!

では失礼しました♪
近所の公園の桜の木。
毎年葉が落ちても、誰に言われたわけでもないのに
蕾をつけて、春に綺麗な花を咲かせる…。

今も葉っぱが全部落ちるか落ちないかって感じですよ。
自然の力って本当に凄いし、潔いですね…。
ららさん、お久しぶりです☆
雫のお写真、とっても綺麗ですね!

ハリネズミのジレンマ、切なくなりますが、
針鼠って本当は、針を立てるのは身を守る時だけだと聞いたことがある気がします。
こんばんは
ゴージャスな光の洪水。エノコロソウとは思いませんでした。
植物たちも着々と来春の準備を進めているんですね。
蔓魅 刹那さんへ
はじめまして

Fc2のtopからようこそ!!
ありがとうございます。
植物って本当に不思議な美しさがありますよね
これからもよろしくです
まりごまさんへ
自然の営みは
心に染みてきますよね

こちらは少しだけ葉っぱが残っている程度になってしまいました。
でももう植物たちは春のために冬を生きていて、すごいです
塚彩さんへ
おひさしぶりです
たぶんね。
ハリネズミ、実際は上手く針を引っ込めるのでしょうね。哺乳類だし・・・
心理学の有名なジレンマなのでちょっと物語風に(笑)
namiさんへ
なんとなくこんな写真が好きで
どうしてもマクロレンズで撮ることが多くなります

植物や動物のほうが、生き方上手かななんてたまに思います
そろそろ冬に向けて・・ららも・・・冬眠!なんて(笑)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/1975-5075fc6a

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。