夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00014039.jpg

宇宙からの贈り物はオレンジの光

・・・
夕方ライアーという楽器のクリスマスコンサートがあった
それは、ハープのようなギターのような竪琴
音は、大きなオルゴールの響きのよう

クリスマスの賛美歌とバッハの曲、それからカノンとか
心が洗われる。

こころに愛と感謝の灯がともる

もう一度人の心のやさしさを信じたい・・・
00014042.jpg

朝は寒い
霜が真っ白に光る

心にも霜の結晶がつくと、光に白く耀くかしら?

・・・・
いつもいつも割り切れない思いの仕事・・・
仕事場で・・・利用者は自分のお金を支払って、お弁当を食べる。
どうしても昼を食べない女性がいる。だから、ららが言った
「ラップで小さなおにぎりにして食べたら食べられるよ」
彼女もその気になったのに・・・別の職員が
「だめでしょ。ひとりそんな勝手なことをしては。見てるからちゃんと食べなさいよ。」

なぜそこまで管理されなければならないのだろう。彼女はいつもごめんなさい、すいませんが口癖・・・
もっと自由に生活してはいけないの?
ここは自立を支援するところなのに・・・

今日久しぶりに、小さなパニック発作・・やっぱり薬は必需品かな・・・

あしたは7時半までに出勤






スポンサーサイト

コメント

自立支援というよりは、職員が利用者を管理しやすいように
きまりを作っている…ということなのでしょうか…?

そういう施設では、どうすることが一般的なのか
私にはわからないですが、それぞれの人に合わせていると、面倒くさいから?

けど謝ってばかりの利用者さんが心配ですよね…。

ららさん、大丈夫ですか?
こちらにコメント、ありがとうございました(*^_^*)

まりごまさんへ
ららも施設で働くのは初めてだから、
そういうものかもしれないけれど

利用者さんも同じ人間だから・・・なんか割り切れないです。
今はもう少しここで働きますけれど・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2012-cddc9725

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。