夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
昼過ぎ、、不気味なほど暗くなって
黒い雲と強い風

昨夜もそういえば風で家が揺れた

外を歩くと電線がピューピューなっている

00014091.jpg

明日はお休みにしてもらった。
自分の意見は言えるけれど、自分の希望を主張したことがない

だから、未だに休んでいいのかな~という後ろめたさのようなものがあるけれど、

00014092.jpg

これからうまくやっていくためには

希望を伝えることも必要かな・・・




風の中、あの紅葉はどうしているか気になって
行ってみました。

00014089.jpg

光がないから透きとおる美しさではないけれど、

それでも十分美しい

00014090.jpg

冷たい雨が降っている。
だいぶ散ってしまったかしら

00014094.jpg

終わりのように見えるけれど

密かにまたはじまっている

・・・・
きょう、障害を持った若い子が美容室にカットに行ったとき、
薦められるままに、縮毛矯正をやった。そして施設の管理者から怒られていた。

施設でのいい子ははいと言える子で
いらない!結構です!などノーというと怒られるのがほとんど。

自立には時として、「いいえ」のほうが重要なのに。




スポンサーサイト

コメント

こんばんは
難しい問題ですね。
たぶん、その子はいい子でしょうね。
美容師に勧められるままに「はい」と言ったんでしょうから。。。
世の中がどう理解し、サポートしていくか。
課題ですね。
>自立には時として、「いいえ」のほうが重要なのに

うん。今私自身すごくそう思います。
自分らしくあるために、そう言えるようになることが
今の私の課題かもしれません…。
namiさんへ
コメントありがとうございます
援助と自立
ほんとに難しいです。
結局施設長は
「美容院に行くときは自分に言うこと、お金は最小限しか渡さない(彼女自身のお金ですが)。」
と決めました・・・
失敗はなくなるけれど、自立からは少し後退・・・・
やなり??マークが心に残ってしまいました
まりごまさんへ
「いいえ」
この言葉ってむずかしいですよね。
ららもとても苦手。
「いいえ」を信頼と感謝と愛情を込めて
自然にさりげなく言えるように・・・
これ、ららの目標(^O^)/
自分らしく生きる・・これが一番よね



う~ん・・・
こんにちは。
暗黙の中で「はい」を求められるのは強制でしょう。外に出てもそれは身に付いてしまっている表れ。それが施設の人には解らないか分かろうとしないのか。
「ノー」が言えるって、普通でも大変なことです。
人を矯正(強制)することって、言葉の暴力だと思います。実に世の中って、そういうことが絶えない。
「希望」を伝えるのも難しい事と思います。これも勇気が必要ですよね。

施設でのお話、すごく関心を持って読ませて頂いております。
サラームさんへ
コメントありがとうございます
施設では善意からの場合もありますけれど、矯正(強制)がとても多いです。もちろんそれに対して怒りを覚える利用者もいるのですが、怒っているのを見ると、「病気が悪くなった」と判断するのです。
自立支援法はできましたけれど、自立支援というのはとてもむずかしいことです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2026-c16e9654

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。