夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

00014139.jpg

風雪に耐える

言葉でそう表現するのは簡単だけれど

それは想像以上の厳しいこと


夕方の寒空にカラスが数羽

羽に強い北風を受けて空を飛ぶ
風を避けることなど考えていない

夏の炎天下黒い身体に太陽は容赦なく照りつける
日陰を求めるわけでもなく

なんて力強いんだろう。

00014138-1.jpg

少しの寒さに手が悴んで指が痛くなって
厚手のコートのポケットに手を入れて

00014138.jpg

人間なんて、弱い存在・・・

順応できずに愚痴ばかり・・・

00014137.jpg

今日は掃除をして
一階の屋根に降りた・・・たかが1階

なのに怖い

もともと人間は小さな心に弱い身体

なのに優越感を持ったり劣等感を抱いたり

見上げたり、見下したり、

背比べしているどんぐりを笑えない


00014136.jpg

フォトと話しがちぐはぐですいません

昨夜の牛久シャトーです
神谷バーを作った人が作ったワイン工場

ここのレストラン、
一度ディナーを食べたことがある

















00014155.jpg

風が体温を奪っていく。
温まろうと思っていたカフェは
閉まっている

中の明るさ、あたたかさ

CLOSEDが冷たく重い

・・・・・



例えば人との関係で
哀しいのは

無視
拒絶

近い関係でも遠い関係でも
好きでも嫌いでも
どんな間柄でも

あまりに日常茶飯事

後で「そんなつもりじゃ全然なかったのに」


怖いのは脅迫

犯罪ではない小さな脅迫は
いつでも
小さい子の心を襲う

「これは。しつけだし教育です」

小さいときの
不安と怯えは
心に深い

・・・



スポンサーサイト

コメント

こんばんはー。
牛久シャトーって、夜もきれいなんですね...
空気が澄み切っているのがよくわかります。
風が強くて寒かったでしょ?

このところすっかり(本来の)真冬モードになってきましたね。
相変わらずお忙しそうだけど、カゼ引かないようにね!v-48v-290
こんばんは。
私はクリスマスからの風邪がようやく治ってきたところです。
ららさんもどうぞお気をつけ下さいね。
牛久シャトーのイルミネーション、とても素敵です。
カフェが閉まっていて残念でしたね。
中もきっと素敵なカフェなのでしょうね^^
ベルニナさんへ
牛久シャトーの夜、
初めて行って来ました。
はい、寒かったです・・・かなりの強風だったし・・・

昨日も夜自転車で買い物して、体が冷え切って
湯船の中でも寒くて・・・お互い風邪には気をつけましょう!!
Fooyさんへ
このカフェ、数年前に一度行ったことがあります。
とても素敵でした。
もう一度行きたいのですが・・残念でした
風邪治ってきて良かったですね。
温かくして、年末年始過ごしてくださいね(*^_^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2036-89650c49

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。