夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/03«2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00014266.jpg

上野散策最終回

上野から芸大→根津→東大→不忍池までもどってきました

00014257.jpg

鳥たちも人ものんびりしている

海外の観光客が多い

気づくと鳥さんばかりにレンズを向けていました

00014262.jpg

カモさんたちは、日向ぼっこ
日が暮れる前にもう一度日向ぼっこ

00014264.jpg

まだ可愛いあどけない目をしているけれど
すぐにたくましくなる

昔に比べてどんどん東京が綺麗になる
空気も綺麗になったきがする

人の心もきっとあたたかい
そう信じたい
00014259.jpg

人に慣れているけれど
この姿勢
まっすぐ見つめる真剣な生き方を感じたりして・・・


00014260.jpg

これから常磐線でもどります

・・・・・
夜明け前にルルの散歩

東の空が白んできている

これから夜明けがだんだん早くなる

春に近づいていて梅が咲き始めて

また新しい一歩を踏み出す

今日も一日お互いにふぁいとで(^O^)/

スポンサーサイト

コメント

No title
鳥さんとはいえ、意思があるような気がします。
私も寄り道しながらだけど、真っすぐいけたらいいなあ。
そう思います(^^♪
こんにちわ
以前、東京に居た頃は、何か考え事や迷う事があると
学校を休んで、あるいは会社を休んで
なぜか上野に。。。不忍池に行きました
美術館を見て動物園を見て・・池のほとりで過ごしました。
先日篤姫のお話で上野に眠ってるとTVで見て
なんだかどうして上野に行きたくなったのか
ちょっと不思議な縁を感じました。

なのにまだ初詣していない不届きな私ですが・・
人は上辺で判断する事が多いですね。
上辺の下に隠れたものになかなか気がつかない。
笑って産む甲にこそ・・本当の姿があったりするのですよね・・篤姫の気丈であった半面
デリケートで繊細だったからこその思いやりに思いを馳せます。

昨年は本当にお世話になりました。
今年も新年早々大変な事態に泣きました。
取り繕った仮面夫婦もいよいよ取り繕えない所まで着たかも・・。
でも、実家の親や親戚が京卯子ちゃん幸せそうで安心した。。と言ってもらうために何とか頑張ります。
上辺だけでも・・綱渡りで頑張ります
ららさんも、どうか負けないでね。


まりごまさんへ
そうですよね、ららも、鳥さんの意志を感じます。
空を自由に飛ぶ鳥になりたいです。
でも寄り道しながら歩きながら、心はまっすぐ空へ
すがすがしく楽しく歩きたい・・・ね(*^_^*)
京卯子さんへ
お正月に、何かとても哀しいことが?
哀しいできごとと今までの哀しかったできごとが
きっといっぺんに心に押し寄せて心をぼろぼろにしてしまったのでしょうね・・・
詳しくはメールでね
遠くからとてもとても心配しています

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2055-657813d2

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。