夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
雨が上がって

春の陽がさす

00014415.jpg

ヤツデの花も

00014418.jpg

ヒイラギの葉っぱも

00014419.jpg

ニッコウキスゲの葉っぱも

みんなかがやく



00014417.jpg

石に付いた苔は春の光を浴びて

水の流れをみつめている

00014416.jpg

うっとりするくらい綺麗

・・・・・
今日、辞職

たくさんのものをやり残したまま

でもこれで一区切り

また一から出直し

新しい自分発見で(*^_^*)



スポンサーサイト

コメント

No title
ららさん おばんです。

おかあさんの具合はよくなってきたのですね・・・。
写真がかわってきましたね。
お疲れ様
水滴の写真、素晴らしいですね。
こういうキラッキラ写真を目指しているのですが、なかなか難しいですぅ・・・汗

とうとう辞職されたのですね。
私が思うに、ららさんを必要とする利用者は沢山おられたのだと思います。もしかしたら、やっと分かってくれる人に会っている・・・と思っていた人も中にはいたんじゃないかと想像してしまう。
そういう人には辛いことだったと思うけど、ららさんもお辛いんだと思います。

お疲れ様でした。
また新たなる道へ、一歩づつ・・・
No title
水面の写真、綺麗です。
キラキラ輝いて。

前記事からもしかして?と思っていましたが
お仕事辞められるのですね。
おつかれさまでした(*^_^*)

これからどうされるでしょうか。
またお話聞かせてくださいね。
ひげさんへ
おはようございます。

はい、落ち着いてきました。よかったです。
少しずつ活動して行きたいです。

サラームさんへ
雫の写真大好きなんです。
最近マクロばかりで・・・旅に出られないと、マクロの写真ばかりになってしまうんです。

辞職してきました。
この前、利用者さんに辞めないでねって言われたばかりで、
でもその方は、精神科病院に入院してしまいました。
自由な立場になったので病院に様子を見に行ってみようと思っています。
心の課題はそのままです。
でも、今できることと出来ないことを見極めて、
これからも頑張りますね

まりごまさんへ
ありがとうございます。
絞りをぐっと絞ると綺麗に光が出るんです(*^_^*)

はい、辞めました。でもその中で得たものは貴重です。
さて、これから何をしようか・・・とりあえず・・・今は・・・
部屋の掃除・・かな(笑)
がんばって!
考えることがたくさんありすぎて大変。
問題も次々に起こってきて、待ってくれない。
でもね、今が頑張り時。
悪いこと、辛いことは、そういつまでも続くものではありません。
負けないで、しっかりと乗り切ってください!
春はもうそこまで来ているはずです!(^^)
ベルニナさんへ
そうですね。いっぺんにいろいろ考えると大変だから
今できること、すぐにしなければいけないことを
真剣に考えて
行動します

冬きたりなば、春遠からじ

ですよね(*^_^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2091-9ef9b65b

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。