夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00014422.jpg

回すと水が出る

当たり前?

生まれてからずっとこんな環境で生活できているららたち

それは奇跡かも・・・

水を求めて過酷な労働を強いられる少女が
まだいる、、、
来る日も来る日も、
水を運ぶ

00014423.jpg

今、公園のこうした水を飲む子はほとんどいない

日本社会の格差が叫ばれて久しい

でもこの世の格差は想像を絶する

が、、、貧しい生活のなかでは
不平等を意識しない大らかな瞳に出会う

恵まれた生活のなかで
不平等の意識と劣等感が渦巻く


00014424.jpg

冷たい雨

そして雪

この冬初めて雪の降るのを見た

00014425.jpg

積もらないまま雪はやんでしまったけれど

その雪の感覚に

遠い友達のことを考える

・・・・
人の言葉のとげに傷つくよりか

心の舵取りをして
怒りをエネルギーに昇華させてしまったほうがいい

でも社会の不正を見て見ぬふりをしたら
それは黙認と同じ

・・・・
一日まいるうむを片付ける

誰も尋ねてこないからあまり片付けなかった。

でもlやっときれいなったよ(*^_^*)

どうぞ遊びに来てください。

はじめに遊びに来るのはきっと・・・

西の窓から顔を出すお月様




スポンサーサイト

コメント

今日の記事を読んでいると「ホームレス中学生」の中に「しあわせのハードルは低い方がいい。ぼくはお湯だって感動できる」みたいなことを書いてあったことを思い出しました。
No title
悲しくも、哀れな詩です。しかし実態ですもね。
ららさんの観察の、素晴らしさは、社会を変える力があります。!!頑張れ!!ららさん!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんにちわ
お久しぶりです

ららさんのマクロワールド
とっても素敵ですね

女性カメラマンの視線は
柔らかくて、包み込まれるようです

またお邪魔します。
葉月さんへ
「しあわせのハードルは低い方がいい。ぼくはお湯だって感動できる」

いいフレーズですね。

満たされていることに慣れてしまうと
感動の感性が眠ってしまって
怠惰な不満の虫が心をうろうろ・・・

気をつけたいですよね
鷹虎さんへ
人権宣言・・国連で高らかに謳われても
人の意識、社会の意識がなかなか変わらない
身近な人間関係でも
人を人格として尊重することはむずかしい

でも変われると思う、この社会は変わって行くと思う。
鷹虎さんも
頑張ってね
鍵コメさんへ
焦らないでゆっくり・・・時間はたっぷりあるから・・・
どんなに打ち負かされても・・心には蘇る力がある
ららはそれを信じているの
tettyanさんへ
最近マクロばかりです
周りの余計なものが入らない世界ばかりを
彷徨っています。

そろそろ大自然の中で広角で撮ってみたいです

ありがとうございました(*^_^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2093-f72e8270

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。