夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00014519.jpg

外でさいていたあなたは
 たしかに芝桜
 
花開きながら 心はうたた寝

 明るい暖かい 皐月の香りを
 夢に見て


00014518.jpg

間違って早く咲いた花

 ごめんね
 まちがってなんていない

 冬の大地が荒涼としているのが
 好きではなくて

 優しい花を
咲かせてくれた


00014520.jpg

真っ白に生きること
できるのかしら

かたくなの自分を守ろうともせず

世間の冷たい風に

薄いドレープの花びら吹かれて

それでも真っ白に

真っ白に生きること
できるのかしら

スポンサーサイト

コメント

No title
年齢を重ねるごとに、目の蒼さもなくなり・・・心の純粋さも忘れかけている雪国もやしです。
真っ白に生きること・・・どうなんでしょう。
45歳ともなると、川の流れのまま・・・時の流れのまま・・・そのまま流されるのもよし・・・と思うようになって来ているような気がしている雪国もやしです。
(*^^*)
相手によって、その人色に染まっていくのも・・・もしかしたら、自分の違う一面も発見できていいこともあるような気もしています。
それも・・・年を重ねていくうちに自然と身につけてしまった・・・自分を守るための(生きていくための)わざなのかもしれませんね。
(涙):
雪国もやしさんへ
雪国もやしさんのお話を聞いて思いました

耀くものって何色なんだろう?
人の心を映す鏡は何色?
水は何色だろう?
透明な心は何色だろう?

すべての色の光が集まって
合体した瞬間色が消えて
そんな感じのイメージの白が好き

白は光を反射するというけれど、ほんとに反射すれば鏡のように白くならない。
鏡の多面体のようでやわらかくて温かい
そんな心、きっと雪国もやしさんの心のような・・・
純粋だから他の人の色にそまってみえることもあるし・・・(*^_^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2108-3c6a995d

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。