夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00014587.jpg

西の空のかなたに薄雲がかかる

00014588.jpg

その向こうに目指すものがある、

春の落日をみつめると
生き切ったものの復活を信じたくなる

00014589.jpg

終わりはまた始まり

永訣などない
また再びめぐり合う

00014590.jpg

この数分
振り返れば
置き忘れた思い出の欠片がかがやいている

00014591.jpg

ららは光と共に西の空に沈む
そこにはあなたがいる

00014592.jpg

あなたの中で眠りにおちる

永遠の幸せに満ち足りて
明日のあなたを信じて

はじめの2枚は太陽の光が明るすぎて、補正が聞かないくらい暗くなってしまった。

沈む太陽と翳りゆく大地を共に撮るのは思った以上に難しい。

00014584.jpg

夕方
明日のために早く花びらを畳んでまどろんでいるのはオオイヌノフグリ

・・・・
きのうからパキシルをいつもの量に戻してしまった。
ちょっとした敗北感
でも仕方ない
そうしたら、ちゃんとまともになれるんだもの

母親の小説の出版のために前書きとあとがき
ゴーストライター そしてこの疲労感は何?

・・・・
履歴書作成
発送
無理かもしれないけれど

・・・・・
レポートも提出

月曜日に連弾をあわせるから、今日と明日
練習しなければ・・・部分練習すると指の覚える能力がかなり落ちているのが解る。
現実を突きつけられたようで、むきになって練習して、なおさら疲れて

普通に哀しくも辛くもなく
やることをこなしていく
これがまともな人の感性?
・・・・
昨日ネットからダウンロードした英文を読む
??頭に入らない・・・ショック


スポンサーサイト

コメント

No title
綺麗な夕日の写真ですね。
オレンジ色の空が太陽を包み込んでいく感じで・・・
お花も綺麗ですね。
daichiさんへ
雲が鮮やかにくっきり耀くのを
狙ったのですが・・・
こればかりは自然だし・・・・
太陽はドラマチックな感動をくれます
夕日は勇気をくれます(^O^)/
No title
自然は本当に綺麗ですね。。。。
森田童子さんの「地平線」という歌を思い出しました。
地平線の向こうにはお母さんと同じ優しさがある。。♪
fmutuさんへ
おはようございます
小さな自然にも深い摂理があったり・・・
でもこの雄大な自然のドラマは最高でした

地平線の向こうが優しいのはきっと
天と地が一つになるところだから(*^_^*)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2123-dff4c90a

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。