夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00014609.jpg

筑波山から日が昇る

じっと待つ

00014610.jpg

全体がオレンジ色に

シルエット
湖面は朝もや

空は雲がない

00014611.jpg

そして

筑波山からお日様が昇る

ここはもう少しでダイヤモンド筑波山
ってことで
それを狙っているカメラマンが
たくさんいるらしい・・・


00014608.jpg

夜明けごろ

00014606.jpg

月も綺麗に
満月

戻ってきてくれたお月様

夜中家をでて
お月様を撮影して
朝まで待って
筑波山を

凍えてしまった

今日の筑波山

スポンサーサイト

コメント

No title
素晴らしいの一言です!
参考にさせてもらいます
No title
いつもながら、素晴らしいです。!筑波山って凄い景観なのですねー。太陽が、赤でなくオレンジ色とは知らなかったです。!見とれました。ありがとう!!
jackbeetさんへ
ありがとうございます。
日の出を撮るのは我慢と防寒ですね~
今日一日体が冷えてぞくぞくしていました
どうぞいつでもあそびにきてください。
鷹虎さんへ
筑波山はここからがいちばんきりっとした形になるみたいです。
太陽の光はとても不思議で、色はその時々でいつも違って
日の出の数秒で全然違う色になるんです。
自然っていいですよね。
きれいですね
お久しぶりです。
いい感じですね。でも朝はとても寒いですよね!
私は昨日また袋田の滝に行って来ました。朝の8:30頃着いたのですが、とても寒かったです。凍りついた滝の写真を撮りたかったのですが、残念ながら今年は暖冬でなかなか凍らないようです。(1月の中旬頃が一番凍ったとのことですが、すぐに融けてしまったようです。)残念!
ゴジラさんへ
お久しぶりです。
朝、5時から7時ごろまで外にいたら寒くて死にそうでした
普通のカッコウで来てしまったのが失敗でした。
滝の凍ったところ、いいですよね~。
袋田も、そうですか・・・やっぱり暖冬なんですね




No title
現地に何時頃着きましたか?先日、初めてダイヤモンド筑波を撮りに行きましたが着く時間が遅かった為場所が
筑波山に向かって左側の先の方になってしまいました。

どのカメラで何ミリのレンズで撮ったんですか?
たかさんへ
はじめまして。
思った以上に車がスムーズで5時前に現地に着いてしまいました。
が、活動を始めたのは6時少し前ごろです。
ここは水に写りこむ朝日の筑波山が見えるポイントですか、たかさんもここに来られたのですか?
夜明け頃から撮り始めて、筑波山の頂上に太陽が出たのは7時ごろだったと思います。13日か14日がこの場所でダイヤモンド筑波山が見られる日ですが、これは9日に撮影しました。
太陽が3日くらい遅れると左によってしまいます。

カメラはCanon, EOSkissDX レンズはタムロンの90mmでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2126-e85ec4af

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。