夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00014719.jpg

板は静かに歴史を語る

使っているのは釘ではなく縄

00014711.jpg

00014721.jpg

縄も美しい

この高い窓

どうやって開けるのかしら

中は2階に分かれているのかしら・・・・

冬は冬の中で暮らし
春は春と共に生きる

00014725.jpg

発展とか進歩とか

形のない理想を声高に叫ぶより

00014717.jpg

誇りを持って受け継いだものを

守っていくほうが

尊い

00014720.jpg

ここでは雪を確信していたけれど

屋根には積もっていなかった

静かな生活があった

家から漏れる湯気が

やさしかった

・・・・・

世界の中にいるはずなのに、
意識は単に世界のイメージを彷徨っている

イメージから抜け出すには
行動する以外ない

どんなにぶれない生き方を望んでも

観念の世界の中では
確かな信頼が
一瞬に崩れることがあるから

スポンサーサイト

コメント

No title
写真とコメントが印象的です。
確かに世界はイメージの世界で漂っていますね。
行動することで自分らしさ、そして自分自身がみえてくるかも。
聞くのも、見るもの、全て行動から。
感情はあとからついてくるからね。
Re: No title
写真とコメントとの関係があまりないのですが(^^ゞ
自分のこころのなかには社会のイメージしかなくて・・・
やっぱり行動、その行動のための思考・・・それが健全かも
「考える葦」ではだめなような・・・・^^;
でしょ???


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2145-891fa2be

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。