夢と幻の散歩道

 出会った風景から心の世界へのフリー切符・・・・・・・・・・過ぎ去った時への郷愁に・・・・・・・果てしない未来への憧憬に・・・・・・・フリー切符を手に・・・・・・・・・・今飛翔
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
00014740.jpg

ここには優しい空気がある。

00014735.jpg

シンプルな垂直と水平
格子

たてものに惹かれ
たべものに惹かれ

00014736.jpg

あ、駄菓子屋さん・・・

00014737.jpg

こちらも駄菓子屋さん・・・

何となくお腹がすいて

00014738.jpg

飛騨牛だ~!!

結局食べたのは70円のみたらし団子でした・・・

続き+雑感


00014741.jpg

無彩色の建物の中で赤はさわやか

00014739.jpg

そういえばもうすぐお雛様

・・・・・

実は少し沈んでいます

応募したところ
採用されませんでした
書類だけでだめで・・・

拒絶されている感じ
否定されている感じがどうしてもあってね・・・。

・・・・・

努力して道が開けることもあるけれど
努力すれば道が開けるわけじゃない

求めても拒絶
望んでも得られない
叫んでも聴こえない

一体何を信じて何を夢見て生きていけばいいのだろう・・・




スポンサーサイト

コメント

No title
ららさん おばんです。

写真がほんとにきれいになりましたね!!。
ひげさんへ
おばんです。
ありがとうございます。
ぼやっとしたフォトもいいけれど
くっきりしたフォトも好きなんです。
・・・・フクロウ君にあいたいな~
No title
高山へは、冬の寒い時に友人と旅行したことがあります。
その時、みたらし団子食べながらかなり散策しましたよ。
うさぎさんのコロンとしたお土産がカワイイですね(^^)

何を信じて、かあ…。
何かとしんどいですね。
私も、頑張ろうとしている気持ちを何度も消されているような、そんな感じです…(タメ息)
No title
高山って行ったことないです。行ってみたいなぁ~と思いながら今に至っています。
木造り伝統の建築って、凛としているのに温もりを感じますね。そこが日本を感じて素敵だと思わずにいられない。実際に見てみたいです。

受け入れられない=拒絶・否定
だとは思わないでね。
どうしてもそう思わざるを得ない気持ちはよーく分かります。
でも、そこと自分は合わないだけ・・・そういう見方もあるんじゃないかしら?
自己否定とは違うのだから。だって、書類がららさん全てでは無いのだから。
じっくりいこうね。
まりごまさんへ
同じような場所を、同じようにみたらし団子を食べながら歩いたんですね(笑)
信じる・・・確かにしんどいね。
頑張るとその分しんどくなるね。
ちょっと旅をしてやっと少しだけ楽になりました
サラームさんへ
そうですね。
受け入れられないは拒絶や否定ではないけれど・・・
確かにそうと頭で納得しても
ふしぎなんです、そのとき社会に対する怒りや敵意が心のどこかに生まれたんです。そうしないと自分の存在が守れないような・・・
こんな小さなできごとで心が揺れるのだから、ほんとに徹底的に繰り返し拒絶された人はどんなに辛いか・・・
確かにこれは貴重な経験でした
じっくり行きます(*^_^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lalala0o0o0o.blog59.fc2.com/tb.php/2147-e5815fe2

プロフィール

らら

Author:らら

お月様の青い光にあこがれます

まだ見たことのない
雄大な自然の一部になった感動を
心に刻んでおきたくて

家の片隅で
歴史を刻んでいるものたちを
あたたかくつつんであげたくて

そんな気持ちではじめたブログ

お月様から地上で生まれて
いつの日か
お月様のところに戻っていくららです

フリーエリア


旬の花時計
最近の記事
コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログへ


ゆっくりおやすみ


道を外れるとよく言われるけど、

誰かが歩いた道を辿っていないのなら、

道を外れようがない

どの一歩も、どの方向もすべてが自分の道になる


だったら、

時には前の花ばかりではなく、

足元の草、

右手の空、

左手の水、

そんなものをのんびり見ながら、

後ろにちょっと下がって木陰で休むのも

悪くはないでしょ?



もし何かをしなければと思うなら、

自分の近くを見回してみて。

あなたの助けを必要としている人が、

すぐそばにいるから。

   事象境界線より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。